絶望の三菱自動車、経営危機…巨額赤字、販売台数激減、人材流出、研究開発費を大幅削減の画像1
三菱・eKワゴン(「Wikipedia」より)

 三菱自動車の経営再建の先行きが危ぶまれている。2月2日に発表した2020年4-12月期連結業績は、2440億円の巨額の当期赤字となり、前年同期の118億円の赤字から20倍以上に膨らんだ。三菱自の池谷光司CFOは、決算発表のオンライン記者会見で「構造改革は想定していた以上の早さで進んでおり、収益改善も見えてきた」と述べ、2021年度の黒字化達成に強い自信を示した。しかし、新車販売台数が想定以上に落ち込み、人員削減や研究開発費の削減などによって従業員の士気も低下している。経営再建を危ぶむ声は強まっている。

 三菱自が収益改善に自信を示す根拠となっているのが、四半期ベースでの赤字額が縮小していることだ。2020年7-9月期の営業赤字は293億円だったのが、10-12月期には41億円にまで縮小した。7-9月期と10-12月期の新車販売台数はそれぞれ約21万台で、ほぼ同じだったことから台当たり収益が改善している。レンタカーなどの大口顧客に価格を大幅に値引いて販売するフリート販売比率を引き下げるなど、値引き販売を抑制してきたためだ。

 三菱自は2020年度から受託生産子会社のパジェロ製造の閉鎖や、人員削減などによる固定費削減、欧州市場向け新型車の開発凍結などの構造改革を進めている。これらリストラは早いペースで実行しており、2年間で固定費を20%削減する計画だったが今期中に18%削減できる見通しだ。

 構造改革によるスリム化に加え、主力のSUV「アウトランダー」を今年2月にフルモデルチェンジして市場に投入し新車販売台数を増やすことで「(2021年度の)黒字化は確実に達成できる」(池谷CFO)と見る。

 しかし、今期の経営状況を見ると楽観できる状況にない。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年4~5月に世界の各都市でロックダウンが実施された影響などからグローバルで自動車需要は大幅に落ち込んだが、昨年9月ごろから新車需要全体は急回復している。

 こうしたなかにあって三菱自の回復の遅れは明らかだ。三菱自のグローバルでの2020年4-12月期の新車販売台数は前年同期比35%減の56万9000台と、大幅マイナスのまま。とくに三菱自の重点市場であるASEANが同43%減にまで落ち込んでいる。生産拠点があり、主力市場のタイでは「収益重視の販売手法を展開している」(三菱自・矢田部陽一郎Co-COO)こともあって、ライバルであるトヨタ自動車やいすず(「ず」の正式表記は踊り字)自動車に売り負けており、シェアも低下。ルノー・日産・三菱自アライアンスで、ASEAN市場は三菱自がリーダー役を務めるが、市場での存在感は薄れている。

 2021年3月期の通期見通しでは、新車販売台数が計画を下回って推移していることから、販売計画を前回予想から2万2000台引き下げ、80万2000台、前年同期比29%減に下方修正した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合