NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

日本のロケット開発、米中ロに大きく後れかすむ存在感…開発遅れ、競争優位性は消滅か

文=大﨑孝徳/神奈川大学経営学部国際経営学科教授
日本のロケット開発、米中ロに大きく後れかすむ存在感…開発遅れ、競争優位性は消滅かの画像1
「Getty Images」より

 深夜のドキュメンタリー番組『NNNドキュメント‘21』(日本テレビ系)で、日本のロケット開発が取り上げられていた(「魔物 H3ロケット 1900億円の歓喜と重圧」)。

 ロケットエンジンの開発という難題に取り組むエンジニアの苦悩や歓喜が、長年にわたる密着取材を通じて明らかにされていた。こうした番組をみて、将来、エンジニアを目指そうと思う若者も少なくはないだろう。しかも、空や宇宙がかかわるとなれば、多くの人は夢やロマンを抱き、ロケット打ち上げのシーンなどは、最近の言葉でいうと実に“映える”。

 筆者のような、いわゆる“文系人間”ですら、こうした世界に大いなる憧れを抱いてしまう。しかし、ビジネスにかかわる領域を研究対象とする者として、大いなる疑問を抱いてしまうことも事実である。

H3ロケットの特徴

 H3ロケットは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業により開発されている。JAXAのホームページでは、「日本の技術で、宇宙輸送をリードせよ」というミッションが掲げられている。また、「打ち上げ成功だけでは、これからの宇宙輸送は担えない。日本は徹底した利用者視点で、ロケットの“使いやすさ”を追求する。日本の技術を集結させれば、世界をリードするロケットが作れるはずだ」と記載されている。

 米・中・欧州など、世界中で新しいロケットが開発されるなか、商業衛星として利用してもらうためには、日本国内だけでなく世界中の利用者から“使いやすいロケット”として注目される必要があるとのこと。そのために柔軟性・高信頼性・低価格という、3つのポイントを指摘している。

・柔軟性:複数の機体形態を準備し、利用用途にあった価格・能力のロケット提供、受注から打ち上げまでの期間短縮によるサービスの迅速化など。

・高信頼性:既存のH-2Aロケットの高い打ち上げ成功率とオンタイム打ち上げ率を継承した高い信頼性。

・低価格:他産業の優れた民生品の活用、一般工業製品のようなライン生産の実現による低価格化。

ビジネスとしての宇宙輸送サービスで重要なこと

 重力に逆らい、モノを宇宙に運ぶことには、誰もが夢や憧れを抱くことだろう。技術に明るくない筆者だが、高い技術力が必要になることは想像できる。しかし、ビジネスとして宇宙輸送サービスを捉えると、結局はコスト・価格の一点に絞られるのではないか。

 そもそも輸送の業界は極めて他社との差別化が困難な世界であり、低価格競争に陥りやすい。それでも、例えば宅配サービスなどの場合、時間指定やクール便などきめ細やかなサービスにより、差別化の余地は若干存在するものの、宇宙輸送においてそうした余地は極めて限定されているのではないだろうか。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合