スズキ、修会長退任で完全漂流…最大リスクは長男・俊宏社長、命運握るトヨタの決断の画像1
スズキ本社(「Wikipedia」より)

 スズキは2020年、創立100周年を迎えた。これを機に、「“ドン”の鈴木修会長がリタイアするのではないか」と社内外で取り沙汰されていた。しかし、修会長は辞めなかった。

 2月24日、スズキは「6月の株主総会後に修氏(91)が取締役を退任し、相談役に就く」と発表した。40年以上にわたって社長、会長として経営のカジ取りを担ってきたカリスマが去る。長男の鈴木俊宏社長(61)を中心とする経営体制に移行するが、世界の自動車業界は「100年に1度」といわれる激動・激変期に突入している。

 カリスマなき後のスズキは生き残っていけるのだろうか。資本・業務提携しているトヨタ自動車の豊田章男社長の頭の中に、スズキの三文字があるのかどうか。2月24日に発表したスズキの中期経営計画を見ても、EV(電気自動車)の具体的な投入時期など電動化に向けた道筋がはっきりとは示されなかった。21年からの5年間で計1兆円を投じ、小型車や軽自動車の電動化を推進する。EVはトヨタと共同開発した技術を活用すると、トヨタ頼みの“弱点”が中期経営計画でも露呈した。

「生き残るため、(電動化などの)技術を5年間でしっかり確立する」(俊宏社長)という決意だけではダメで、行動が伴わないと、この難局は乗り切れない。

カリスマ老いたり

 2月24日のオンライン記者会見で修会長は「(20年3月に創立)100周年を越えて、(退任を)決意した。仕事は(私の)生きがいだ。ありがとう、バイバイ」と語り、会見が終わると、右手を挙げ、会見場を後にした。スズキは軽自動車のトップメーカーとして長らく君臨し、「小さな巨人」と評されたが、カリスマが第一線を退いた後も、成長を維持できるかどうかは見通せない。

 振り返ってみると、鈴木修会長の長期政権は綻びが随所に出始めていた。19年5月10日の決算発表で、記者の質問と噛み合わないやりとりがあった。自動車担当記者の間で「修会長、衰えたり」の見方が一気に広がった。

 米中貿易摩擦についての見解をきかれ、鈴木氏は最初「アメリカと中国が喧嘩をすれば世界は不幸になる」と一般論を述べていたが、その後、「10連休の間、4日間は仕事をしていた」など、質問とはまったく関係ない話を脈略なく続けたからだ。20年1月に90歳になるのだから衰えが目立つのは自然の摂理だったが、問題なのは、修氏が自らの衰えを自覚していない点だった。本来なら、長男の鈴木俊宏社長が“引退”を勧告すべきなのだが、絶対的権力者である父親に対して、何も言えない状態がずっと続いていた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合