NEW
中曽根陽子の教育最前線

不登校18万人…理想を追うオルタナティブスクール・WING SCHOOLの挑戦

文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト、マザークエスト代表
【この記事のキーワード】

, ,

不登校18万人…理想を追うオルタナティブスクール・WING SCHOOLの挑戦の画像1
WING SCHOOLを立ち上げた田上善浩さん

 2018年4月、熊本市に誕生した小さな学校、WING SCHOOLオルタナティブスクール(学校教育法第一条に定められている「一条校」やフリースクールとは別の「もう一つの学校」)の一つだ。立ち上げたのは、熊本市の公立中学校の英語教員だった田上善浩さん(54歳)。遡ること12年前、当時担任をしていた生徒達と、毎日昼休みに夢について語るおしゃべり会を開き、そのなかで「子ども達が自分達で修学旅行などを企画運営するような学校になったらいいよね」という自分のビジョンを語っているうちに、その想いが止まらなくなり、理想の学校を立ち上げたという。いったいどんな学校なのか。学校を立ち上げるまでのストーリーとその先に描く夢について聞いた。

「子ども達が幸せな未来を築く力をつける学校を創りたい!」との想いが溢れて走り出す

 物心ついたときには、「自分は学校の先生になる」と決めていたという田上さん。自分はいい教師になると思っていたのに、実際に中学校の英語教師になってからは、理想と現実のはざまで苦しんだそうです。というのも、授業のやり方も学級運営の仕方もわからず、いきなり現場に放り出されたようなものだったから。失敗を繰り返しながら、工夫に工夫を重ね、やがて子ども達が楽しく参加する英語の授業ができるようになってきました。

 そして、現職教員として現場に立つ傍ら、よりよい教育を求めてサークルをつくり、毎月1回の定例会(現在の「子ども達の幸せな未来を築くための教育の集い」)を続け、全国でセミナーを主催して講師として飛び回り、執筆活動を通して、子ども達が輝く教育の方法を伝えるようになっていったのです。

 そして、子ども達と夢を語り合ううちに、「子ども達が幸せな未来を築く力をつける学校を創りたい!」との想いが止まらなくなった田上さん。友人知人に相談すると、「そんな学校が子ども達の未来のために必要だ!」「ぜひ、創ろう!」という声が高まって「熊本に理想の学校を創る会」が立ち上がり、具体的な準備を始めたのが、設立2年前の16年のことでした。

 県庁や市の教育委員会に学校設立に向けて話をしに行き、17年からサタデースクールを月2回始め、そこに通う子どもの様子が変わったことを実感してくれた親達から「子どもを通わせたい!」という申し出があり、予想を超えた52名が集まって開校にこぎつけたのです。

 場所は、熊本市中央区出水。自然環境に恵まれ、アクセスもよい理想的な場所に奇跡的に出た物件は、元地元企業の社長宅。しかし、資金のない田上さん達には到底手が届きません。そんなときに、現れた支援者が、国内最大手のカレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋を創業した宗次德二氏でした。

 熊本地震の際に復興支援をしてくれた宗次氏に、思いの丈を綴った手紙を書いたところご縁がつながり、実際に会いに行って熱い思いをぶつけた結果、不動産の購入を申し出てくださったのだそうです。

 こうして、一教師の「子ども達が幸せな未来を築く力をつける学校を創りたい!」という熱い思いから始まった理想の学校は、現職の教師を辞めて集まった志ある教員と、保健・給食・事務など含めて十数名のスタッフと52人の生徒によってスタートしました。

不登校18万人…理想を追うオルタナティブスクール・WING SCHOOLの挑戦の画像2
自然体験はWING SCHOOLの大事な柱の一つ

不登校の子は、そのレストランはまずいから行きたくないと思っているだけ

 開校から3年たった今、小学1年生から中学3年まで64人が在籍。そのうち中学生が24人で、7割が既存の学校に通えなくなっていたいわゆる不登校の子ども達。小学生の3割が元不登校だそうです。

 WING SCHOOLは学校法人ではないので、子どもたちは住民票のある地域のいずれかの学校に籍を置く形になりますが、熊本市内の生徒は、教育委員会との連携があり、市内どこの学校であっても一律出席扱いになります。ほかには、近隣の県から高速バスや新幹線を使って通学する生徒や、ウイークデイは熊本に住み週末家に帰る生徒、一家で熊本に移住してきた生徒などさまざまです。

「9割以上の大人が自分の好きな分野でやりたい仕事をしていないとか、3割の若者が就職して3年で辞めてしまうという話があります。3割といったら、40人学級のうち12人が辞めてしまうということ。これは、不登校の数より多いです。私も長い間、さまざまな問題を抱えている子ども達を見てきました。しかし、そんな子ども達も、授業を工夫していけばいきいきと輝きだします。このような教育が広まることで、いきいきと生きる若者が増えていき、新しい時代がつくられるような変革を、教育界から起こしたい」(田上さん)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合