NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

日本のオーケストラ、コロナ禍下での活動は世界最高…難題乗り越えいち早く活動再開

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, ,

日本のオーケストラ、コロナ禍下での活動は世界最高…難題乗り越えいち早く活動再開の画像1
「Getty Images」より

 コンサートに行ったことがなくても、ほとんどの皆様はオーケストラをテレビなどでご覧になったことがあると思います。そこで演奏はともかく、オーケストラをじっくりと眺めてみると、フルートやトランペットのような管楽器は1人でひとつの譜面台を使用しているにもかかわらず、弦楽器は2人でひとつの譜面台を一緒に使っていることに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 演奏家にとっての譜面台は、会社員にとっての仕事用デスクです。その上に置いてある楽譜は仕事の書類といえます。そうなると、弦楽器奏者は2人でひとつのデスクを共有し、楽譜という書類もひとつだけ。そこに指揮者の指示を鉛筆で書き込んでいくわけです。

 仕事の相性が合う人と譜面台を共有できればいいのですが、時にはやりづらい相手と一緒に譜面台を使わなくてはならないこともあるようです。相手の音程が少し違っていたり、微妙にリズム感が合わないとなれば、自分の調子まで崩れてしまいますし、客席からはわかりませんが、「この人とは弾きづらい」「本当はいつもの相手と演奏したい」といった無言の声がひしめいているのが、オーケストラの違う顔なのです。

 そんな時には、「次回からは、あの人とはやりたくない」と、事務局に伝える楽員もいるでしょう。もし、それが試用期間中の新団員やエキストラ奏者だとしたら、評価に結び付いてしまうかもしれないので、簡単な話ではありません。

超難関作業「譜めくり」

 しかし、やりづらい原因が音楽とは関係がないこともあります。それは楽譜のページをめくる作業、つまり「譜めくり」です。

 典型的なオーケストラを例にすると、弦楽器は50名程度です。一番ヴァイオリンは14名ですが、作曲家の特別な意図がない限り、普通は同じ楽譜を一斉に演奏します。これは、二番ヴァイオリン12名、ヴィオラ10名、チェロ8名、コントラバス6名も同じです。しかもオーケストラ曲は弦楽器を中心として作曲されており、ほとんど時間、弦楽器は弾き続けています。

 ここに、もうひとつの大きな理由があります。ずっと弾き続けている弦楽器だけに、演奏しながら譜めくりの必要な場合がしょっちゅうあるのです。しかし、左手は楽器、右手には弓を持っているので、弾きながらめくるのは不可能です。そこで、譜面台を共有している2人のうちのひとりがめくるのですが、これにもルールがあって、客席から目立ちにくい内側の奏者が行います。

 ところが、実際にやってみると意外と難しいのです。少しでも遅くめくってしまったら、片方の弾いている奏者の演奏も止まってしまいます。実は奏者は、ちょうど弾いている場所の音符ではなく、少し先を見ながら演奏するという、ものすごく難しい作業をこなしています。これは訓練の賜物としか言いようがありませんが、これにも人それぞれに個性があります。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合