NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

花粉症薬の罠…なぜ杉の木が多い農村より、都会のほうが花粉症を発症する人が多い?

文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

花粉症薬の罠…なぜ杉の木が多い農村より、都会のほうが花粉症を発症する人が多い?の画像1
「Getty Images」より

 杉の次は檜(ひのき)と、まだまだ花粉症の季節が続いています。くしゃみや鼻みず、鼻づまりなどの症状で、辛い思いをしている人も多いでしょう。ドラッグストアや薬局には、そんな症状を抑えるための花粉症対策薬がずらっと並んでいます。しかし、いずれも対症療法的なものであり、副作用が現れることもあるので注意が必要です。

 花粉症対策薬は種々ありますが、ほとんどが第2類医薬品であり、その効能・効果はどれも同じようなものです。たとえば、テレビCMでも知られる代表的な製品の場合、その効能・効果は「花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」というものです。そのほかの製品も似たような効能・効果です。

 現在、市販されている花粉症対策薬は、「第2世代抗ヒスタミン薬」を成分としたものが主流になっています。アレルギーを引き起こす活性物質のヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑制し、またその受容体をブロックすることで、花粉症の症状を抑えます。さらに免疫細胞から炎症物質が出るのを抑えて、症状の悪化を防ぐのです。

 花粉症は、異物を排除しようとする免疫反応の一種です。花粉アレルゲンが鼻や目などに入ってくると、まずそれに免疫が反応して、リンパ球の一種のB細胞が花粉アレルゲンに対するIgE抗体(免疫グロブリンE抗体)をつくります。そして、それはマストセル(肥満細胞。肥満を起こすのではなく、太ったように見えるのでこう呼ばれる)の表面に付着します。

 次に花粉アレルゲンが再び侵入して、IgE抗体に結合すると、その刺激でマストセルからヒスタミンやロイコトリエンが放出され、それらが鼻などの粘膜に作用して、くしゃみや鼻みず、鼻づまりなどを起こすのです。これらは、花粉を鼻から排出したり、花粉のさらなる侵入を防ぐための、いわば防御反応です。

花粉アレルゲンだけでは、花粉症は起こらない

 ところで、一般に花粉症は、杉や檜などの花粉が原因とされていますが、それだけで花粉症が発生するわけではないようです。こんな実験データがあります。

 東大物療内科の村中正治助教授(実験当時)が、マウスに対してスギ花粉アレルゲンを注射しましたが、マウスの体内にIgE抗体はできませんでした。ところが、スギ花粉アレルゲンとディーゼル排出微粒子(DEP)を一緒に注射したところ、IgE抗体ができたのです(「日本医事新報」<1985年4月6日号>に掲載の『花粉アレルギーの増加と大気汚染』より)。

 IgE抗体ができなければ、花粉症は発症しません。つまり、花粉アレルゲンだけでは、花粉症は起こらないということです。しかし、DEPが加わることでIgE抗体ができ、花粉症が発症する状態になるということです。これは、DEPによって免疫が過剰に反応してしまったと考えられます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合