NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

自殺した元妻が語った、山尾志桜里議員と倉持弁護士の「残酷な仕打ち」…取材記者が見た真相

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

自殺した元妻が語った、山尾志桜里議員と倉持弁護士の「残酷な仕打ち」…取材記者が見た真相の画像1
「チーム山尾しおり(衆議院議員)」のInstagramより

 4月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、山尾志桜里衆議院議員にまつわる記事が掲載された。速報記事を出した「文春オンライン」記事によると「山尾氏の議員パス不適切使用の詳細に加えて、山尾氏と倉持氏の現在の関係、そして倉持氏の前妻・A子さんが離婚後の昨年10月自殺していた事実を報じている」(4月27日配信)と記事の概略が紹介された。

「週刊文春」が記事を書くと聞いて、私は慌てて早刷りを入手した。記事によると山尾氏は倉持麟太郎弁護士との逢瀬を今も続けているという。そして不幸な出来事の記述も――。記事を読み進めていくにつれ、やりきれない気持ちになり、胸が痛くなった。

 私にとって山尾氏は因縁深い人物である。

 2017年、私は「週刊文春」記者だった。そのとき『山尾志桜里がイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」』(2017年9月7日号)という記事を取材班のキャップとして書いた。当時、山尾氏は民進党幹事長に就任する予定だった。その最中に不倫密会を続けていた。民進党がこれから自民党と対峙していこうという大事な時期だっただけに、私は「野党政治家は何やってんだ?」と呆れたことを覚えている。

 二人が入室した都内ホテルは、大きなベッドが置かれているシンプルな部屋だった。男女がホテルの一室で過ごすということが意味することについて、ここで多くを語る必要もないだろう。張込みを行った取材班の誰もが、あの夜のことを鮮明に覚えている。

 およそ半年後に、倉持氏の元妻であるAさんのインタビューを行った。私が書いた取材依頼の手紙が取材実現の契機となった。

憔悴しきっていたAさん

 インタビュー場所に現れたのは上品で慎ましい女性だった。家庭を破壊され、長男の親権も奪われ全てを失ったAさんは憔悴しきっていた。おそらく彼女は週刊誌の取材など受けたくはなかったはずだ。Aさんの震える手が、そう物語っていた。だが、彼女には訴えたいことがあった。「せめて愛する息子だけでも自分の手許に帰して欲しい。いまはそう切実に願っています」と絞り出すような声でAさんは語った。この言葉を伝えるために彼女は取材を受けてくれた、私はそう思った。

 当時の「週刊文春」取材班はAさんの言葉を沈痛な思いで聞いた。そして報道によって、彼女の苦しい状況が改善されることを願った。

 Aさんの手記という形で『山尾志桜里さん、夫と息子を返して』(18年3月22日号)という記事を私は書いた。衝撃的だったのはAさんの言葉によれば、山尾氏はAさんが留守の間に倉持氏宅を訪れ夫婦の寝室まで出入りしていたということだった。