NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

日本のオーケストラでしか通用しない?「ベト7」「アオダニ」「ツァラ」はなんの略語?

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,

日本のオーケストラでしか通用しない?「ベト7」「アオダニ」「ツァラ」はなんの略語?の画像1
「Getty Images」より

「私は、しがない物書きです」

 初めて知り合った方に職業を聞いてみると、このようなお答え。あとでよく調べたところ、ベストセラーというわけではありませんが、大概の本屋さんの片隅に必ず著書が並べられている、熱烈な固定ファンを持った小説作家でした。

 数日後、友人と歩いていたら、偶然にも再びその作家と出会ったので、隣の友人に「この方は物書きです」と紹介しました。当然のことながら、作家はムッとした顔で会釈をしただけで通りすぎてしまいました。会釈しただけでも、その作家は立派な人物でしょう。

 作家が自己紹介で「物書き」と言うのは、少し謙遜した言い方なのですね。こちらからそう呼んではいけないことは、大人の皆様には容易におわかりになるかと思います。

 実は、オーケストラの演奏家にもそのような言葉があるのです。

 たとえば「太鼓叩き」は、ティンパニも含めた打楽器奏者が自身を指して使う言葉です。

 話は逸れますが、このティンパニ。上手な人が叩くと、たった一発の音で、オーケストラのアンサンブルが揃いますし、反対にタイミングが悪いと、どんなに上手なメンバーを揃えたオーケストラでも、全体の演奏が台無しになってしまうようなスペシャリスト中のスペシャリストです。

 しかも、オーケストラのティンパニ奏者になるのも大変で、日本には38団体のオーケストラがあるのですが(日本オーケストラ連盟の加盟団体)、つまりオーケストラに所属することができたティンパニ奏者は日本に38名しかいないことになります。オーケストラの楽員は、だいたい35年くらい働くので、単純計算すれば一年に一度、どこかのオーケストラで空きが出るかどうかで、何年もオーディションがない時もあります。そんな狭き門をくぐり抜けてきた奏者は、もちろん卓越した人ばかりです。そんな彼らが、「自分は太鼓叩き」と言っているからといって、指揮者の僕が他人に「太鼓叩き」などと紹介したら、大変なことになるでしょう。

 また、「ラッパ吹き」はトランペット奏者のことです。僕がウィーン留学時代に仲良くなった日本人のトランペット奏者とは、当時はよく一緒にオペラやコンサートを鑑賞しに行っていました。彼は、若くして日本の有名オーケストラに入ったにもかかわらず、休団までして留学を果たしていたのですが、たびたび「今日は飲まずに家でラッパの練習をする」などと言っていました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合