NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

ジムニー、今も納期1年以上で中古車価格が高騰…人気の秘密と販売好調の理由を徹底解説

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

ジムニー、今も納期1年以上で中古車価格が高騰…人気の秘密と販売好調の理由を徹底解説の画像1
ジムニー|スズキ – スズキ株式会社」より

どんなクルマなのか?

 スズキジムニー」は軽自動車サイズのSUVですが、スズキ「ハスラー」やダイハツ「タフト」のような前輪駆動を基本にしたシティ派モデルではありません。後輪駆動をベースにした4WDを搭載する悪路向けのSUVです。トヨタ「ランドクルーザー」を小さくしたようなクルマです。ボディ、エンジン、サスペンションなどは梯型のフレームに装着されて耐久性を高めました。4WDには悪路で駆動力を増強できる副変速機も採用されています。

 ボディが軽自動車サイズなので、曲がりくねった道幅の狭い林道にも最適です。そのためにジムニーの悪路走破力は、日本で購入できるSUVでは最も優れています。なおジムニーのボディに、直列4気筒1.5Lエンジンを搭載した小型車の「ジムニーシエラ」も用意されています。

人気を得ている理由

 ジムニーは悪路向けのSUVとしては、きわめて好調に売れています。2021年1~6月には1カ月平均で約3700台が販売され、この数字は売れ筋になる軽乗用車のホンダ「N-WGN」に近いです。

 好調に売られる背景には、最近のSUVに見られる原点回帰のトレンドがあります。今はSUVが人気のカテゴリーになりましたが、売れ筋は「ハリアー」「ヤリスクロス」「ヴェゼル」といったシティ派です。カッコ良くてワゴンのように快適に使えることから人気を高めましたが、最近はこのタイプが増えすぎた傾向も見られます。

 そこで、SUVの原点に帰った野性的な車種が注目されるようになりました。輸入車では「ジープラングラー」が、メルセデスベンツ「Aクラス」や「フォルクスワーゲンポロ」などに混ざって好調に売れています。日本車では、前輪駆動をベースにしながら悪路走破力を高めた「RAV4」が人気を高めました。

 そして、原点回帰のトレンドに沿った野性的な悪路向けSUVは車種が限られ、ランドクルーザー(プラドを含む)やジープラングラーは、ボディが大きくて価格も高いです。つまり、日本で手軽に購入できるコンパクトな悪路向けSUVは、ジムニーと同シエラだけなので、需要が集中して好調に売れています。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★☆☆☆

 前席は適度な空間があってシートの座り心地も快適ですが、後席は足元が狭いです。クーペに近い広さです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★☆☆☆

 荷室の広さも最小限度です。大きな荷物を積むときは、後席を畳む必要があります。荷室高も不足しています。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★★

 軽自動車では小回り性能はあまり良くないですが、走破力の高い悪路向けのSUVでは、抜群に運転しやすいです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 先代型に比べると安定性を向上させましたが、操舵感は鈍めで曲がりにくく感じます。動力性能は平均的です。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 足まわりが悪路向けなので、乗り心地は硬めで前後方向の揺れも感じます。内装のつくりや質感は満足できます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合