NEW

多くの投資家が注視する「THK」とは何者?隠れた世界シェアトップ企業、産業用機械に必須の技術

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】

, ,

多くの投資家が注視する「THK」とは何者?隠れた世界シェアトップ企業、産業用機械に必須の技術の画像1
「THK HP」より

 工作機械の直線上の動作を可能にする「LMガイド」やアクチュエータの開発・製造・販売を行うTHK株式会社をはじめ、国内工作機械メーカーの事業運営の先行き懸念が高まっている。その要因の一つは、中国経済の減速懸念の高まりだ。中国からの需要が鈍化、あるいは減少し、THKの業績拡大ペースが弱まる展開を警戒する投資家は多い。

 短期的に考えると、THKの収益獲得のモメンタムは幾分か弱まる可能性がある。中国経済の減速懸念に加えて、半導体市況の一角ではメモリ半導体の一つであるDRAMの需給にゆるみが出始めた。それは、設備投資や機器のメンテナンスの増加ペースを穏やかにさせる要因だ。

 その一方で、中長期的な展開を考えると、中国や東南アジア地域の企業からTHKの直動システムへの需要は高まる可能性が高い。同社は世界に先駆けて直線運動の転がり化の技術を開発し、今なお世界トップのシェアを維持している。最先端の製造技術を支える要素技術に関して、同社の比較優位性は高い。その強さをどう磨くかに注目が集まる。

THKの特徴と現在の事業環境

 THKは工作機械などの資本財関連の分野のなかでも、川上、そのなかでもどちらかといえば上部に位置する企業だ。同社は、各種の工作機械に搭載される直動システムの開発と生産などを行う。直動システムとは、直線上の機器の運動を可能にし、瞬時の、正確な動作を可能にする装置を言う。THKはこの技術を「LM(リニア・モーション)ガイド」と呼ぶ。

 直動システムの分野でTHKは世界のパイオニア企業として成長を遂げてきた。同社の技術が用いられている具体的な工作機械としては、半導体の製造装置やマシニングセンタ、フライス盤、産業用ロボットなど幅広い。つまり、THKは各種産業用機器の性能発揮に欠かせない直線上の動作を支える技術を供給し、その需要は、世界経済の設備投資の先行きを示唆する工作機械受注に先んじて変化する傾向にある。そのためTHKの株価や業績動向を世界経済の先行指標と考え、注目する投資家が多い。

 2021年1~6月期のTHKの売上収益は1,510億円に達し、コロナ禍が発生する前の2019年1~6月期の実績を上回った。地域別売上収益の推移からその要因を確認すると、中国と他のアジア地域からの需要の伸びが顕著だ。中国に関しては米中の通商摩擦やコロナショックによる落ち込みを挟みつつも、需要が拡大傾向で推移している。

 また、中国以外のアジア地域での需要も拡大している。その背景には、2018年以降に激化した米中の通商摩擦によってベトナムやタイ、マレーシアなどに生産拠点を移す企業が増加したことがあるだろう。それに加えて、シンガポールやマレーシアでは米国などの半導体メーカーが工場を設け、追加の設備投資が行われている。それは、アジア地域における半導体の製造装置などの精密機械への需要を押し上げる。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合