NEW

日本電産・永守会長、創業50年で初めて最高経営責任から外れる…“隠れた経営リスク”顕在化

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

日本電産・永守会長、創業50年で初めて最高経営責任から外れる…“隠れた経営リスク”顕在化の画像1
「日本電産 HP」より

 長らく日本電産の最大の経営リスクといわれてきた、創業者・永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)の後継者問題に解決の兆しが見えてきたのだろうか。

 日本電産は6月22日、京都市内で定時株主総会を開いた。総会後の取締役会で、CEOを創業者の永守重信会長から関潤社長に引き継ぐことを決めた。永守氏は総会で「これ以上の人物はいない」と高く評価し、創業以来50年近く担ってきた最高経営責任を負うポストを関氏に渡す意義を強調した。

「関氏が期待通りやってくれなかったら、(目標とする)売上高10兆円をやれる人はいない」。株主総会後、関氏と並んで記者会見した永守氏はこう語る一方で、経営のバトンタッチの難しさを問われると「悩みではなく苦しみだ」と胸の内を明かした。

 永守氏は実際、後継者選びに苦労してきた。2013年に日本電産に入り、15年に袂を分かち、その後、ルネサスエレクトロニクスの社長に転じた呉文精氏、18年6月に社長に就任したものの関氏の社長就任に伴い副社長に降格となった吉本浩之氏などは、いずれも永守氏が求めた経営成績を残せなかった。吉本氏の社長就任を機に導入した集団指導体制について永守氏は「創業以来の最大の間違い」と評した。

 日産自動車から日本電産に移り、20年4月、社長COO(最高執行責任者)に就任した関氏について、「今度こそは立派な人物が見つかり、気持ちが安らかになった」と述べたが、前例を見ればわかる通り、永守氏の期待に応えられるかどうかは未知数だ。

「後継問題を株主から言われ続け、解決しようとしてきた」。21年4月22日に開かれたオンライン決算説明会の冒頭で、永守氏は関氏をCEOに昇格させる人事を発表した際に、こう述懐した。「経営手法も(自分と)似ており、決断力や人格などもCEOの後継者としてふさわしい」と関社長を持ち上げてみせた。そのうえで、「拡大する車載向けビジネスを関氏がいっそう成長させられると判断。これがCEOに推す理由だ」と説明した。

 日本電産は1973年の創業以来、創業者の永守氏の陣頭指揮で急成長を遂げてきた。有価証券報告書に記載される事業等のリスクとして有名なものがある。「NIDEC(日本電産)代表取締役会長である永守重信(氏)への依存に係るリスク」を明記されている。「永守氏の突然の離脱があった場合、NIDECの事業、経営成績、財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります」。2021年3月期決算の有価証券報告書にはこう書かれている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合