NEW

バルミューダ、「悪意はなく錯誤」説明の不可解さ…スマホ開発の発表直前に株購入

文=編集部
【この記事のキーワード】,
バルミューダ、「悪意はなく錯誤」説明の不可解さ…スマホ開発の発表直前に株購入の画像1
バルミューダフォン(バルミューダ公式サイトより)

 家電メーカーのバルミューダ(寺尾玄代表取締役社長)は18日、『社外役員による社内規程違反に基づく社内処分に関するお知らせ』と題するプレスリリースを公表した。同社取締役会は、同社の社外役員がインサイダー取引の疑いのある取引を行ったとして、同役員に対し、5月以降の月額基本報酬を全額返上し、11月以降3月までの報酬を100%減額する処分を決議したと報告した。なお、同取引に社外役員の「悪意」はなく「錯誤」によるものとしている。

 同社は5月13日午後3時、東京証券取引所などが共同運用する「適時開示情報閲覧サービス」などを通じ、『携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)参入のお知らせ』を公表した。一方、同社は同日午前11時、今回処分された社外役員、ジンズホールディングス代表取締役社長の田中仁氏の申請を受け、社内規定に基づいて同社株式の買付けを承認した。買付け可能期間(売買承認期間)は14日から20日だったが、田中氏は13日正午午ごろに同社株式の買い付けを行ったのだという。

 田中氏は14日午前0時ごろ、同社に対し「誤って売買承認期間外において本取引を行った」と申告。同日、取締役、監査役、東京証券取引所、証券取引等監視委員会の情報提供窓口に報告したのだという。

 なお14日、同社が上場する東証マザーズでの同社株価の終値は6790.0円のストップ高 で、前日比+17.27%となっていた。

 今回の処分に関するプレスリリースによる経緯は以下の通り。原文ママで引用する。

<1.社内規程違反の内容

 当社は、社外役員に対し、内部者取引の未然防止に関して定めた社内規程(以下「社内規程」という。)に規定する手続に基づき、2021年5月13日午前11 時頃に、同月14日から同月20日までの期間(以下「売買承認期間」といいます。)において当社株式の買付けに関する承認を行いました。社外役員は、売買承認期間に対する錯誤から、売買承認期間外である同月13日正午頃に当社株式の買付けを行い、結果として内部者取引に該当するおそれのある当社株式の買付け取引(以下「本取引」といいます。)を行うこととなり、社内規程に違反するに至りました。

2.本取引発生から、本処分までの対応

 当社は、本取引が行われた 2021 年5月13日の24時頃に、社外役員より、誤って売買承認期間外において本取引を行った旨の申出を受け、当該申出をもとに事実確認を行うとともに、翌14日には、東京証券取引所及び証券取引等監視委員会の情報提供窓口(以下、あわせて「関係機関」といいます。)に報告し、取締役及び監査役へも事実関係の報告を行いました。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合