NEW

テスラとスペースX、壮絶なセクハラを放置…過去にマスクCEOは告発者を揶揄

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
テスラとスペースX、壮絶なセクハラを放置…過去にマスクCEOは告発者を揶揄の画像1
イーロン・マスク氏が率いるスペースXの公式サイト

 米電動輸送機器大手「テスラ」の工場やサービスセンターの従業員・元従業員の女性6人が14日、同社を相手取りセクハラ訴訟を起こした。関連して同日、米大手テレビ局CNBCが記事『Former SpaceX engineer alleges in essay that company culture is ‘rife with sexism’』を公開。同社CEOのイーロン・マスク氏が経営する民間宇宙輸送サービス「スペースX」の元技術者女性が、インターネット上に公開したセクハラ告発を取り上げ、米国内で大きな波紋を広げている。

「社員寮でお尻を掴まれる」「腰から胸に手が……」

 CNBCが前述のニュースで取り上げたブログは『At SpaceX, we’re told we can change the world. I couldn’t, however, stop getting sexually harassed.』(スペースXで、私たちは世界を変えることができると言われてきました。しかし、セクハラを止めることはできませんでした)。同社元技術者のアシュリー・コサックさんが実名で被害体験を手記としてつづっている。

 手記によると、コサックさんは2017年からインターン勤務を始め、19年に「a build reliability engineer」としてフルタイム勤務になり、最終的に「mission integration engineer」に昇進したのだという。

 コサックさんのセクハラ被害はインターンの時から始まっていた。コサックさんが社員寮のキッチンで皿を洗っていると、男性インターンからお尻をつかまれたのだという。事件を上司と同僚に報告したものの同社の人事担当者に報告は上がらず、「加害男性と一緒に住み続けなければいけなかった」と語っている。

 さらに被害は続き、18年の「a team bonding event」(チーム交流会)では、男性の同僚がシャツ越しに腰から胸にかけて手を回してきたという。上司や人事担当者に、この“不適切な行動”を報告したが「誰もフォローアップしなかった」という。結局、コサックさんはこの加害男性と同じチームで働き続けることになったようで、「会社での地位が希薄で、私は自身を無力だと感じた」とつづっている。その後、コロナ禍でリモートワークをしている間も、「SNS上でコサックさんのアカウントを見つけた男性が誘ってくる」「別の男性が午前4時に電話をかけてくる」などのトラブルがあったという。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合