NEW

出前館、赤字垂れ流し経営…売上290億円で赤字206億円、多額の広告宣伝費

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
出前館
出前館のサイトより

 料理宅配の出前館(ジャスダック上場)は、22年1月6日に資本金を551億円から1億円に減資して、中小企業の扱いになる。減資に先立ち、第三者割当増資と海外向けの公募増資で800億円を調達した。第三者割当増資は筆頭株主のLINEの親会社Zホールディングス(ZHD)に最大2274万株、韓国ネイバーに同1664万株を割り当てる。

 公募増資は欧州やアジアを中心とする海外で最大1605万株を新たに発行した。公募増資と第三者割当増資で増加する株式数は最大5543万株で、発行済株式総数の65%に相当する。これだけ発行済株数が増え、資本金は161億円から551億円に膨らんだ。この間、自己株の処分などもあったが詳細は省いた。これまでの株主構成としては、LINEが35.8%、LINEと韓国ネイバーが共同出資するファンドが25.0%を保有していた。今回の資本の組み替えで、LINEとZHDが直接保有する割合が合計で41.99%となる。ソフトバンクグループ色が一段と強まる。

 減資により税制上の「中小企業」となれば、税負担が軽減される。資本金を減らした分(550億円分)を資本剰余金に移す。資本剰余金は優先株の配当の支払いに充当することができる。

広告費に注ぎ込み、決算は真っ赤

 2021年8月期連結決算の売上高は前期比2.8倍の290億円となったが、最終損益は206億円の赤字(20年8月期は41億円の赤字)と過去最悪だった。広告宣伝費を湯水のごとく注ぎ込んだ結果だ。旧CMはダウンタウン・浜田雅功が出演し話題になった。CM放映開始と同時に認知度が急上昇。浜田が出演した20年7月時点で3万店舗だった加盟店は、21年10月には9万5000店と3倍を超えた。21年11月からCMのイメージキャラクターに人気You TuberのHIKAKIN(ヒカキン)と「はじめしゃちょー」が起用された。

 22年8月期の連結営業損益は500億円~550億円の赤字(21年8月期は179億円の赤字)になる見通しだ。営業赤字は21年8月期の売上高(290億円)をはるかに突き抜けた水準になる。22年8月期の出前館の流通総額は前期比2倍の3300億円、1年以内に1回以上購入するアクティブユーザーは6割増の1200万人を見込む。公募増資やZHDへの第三者割当増資で調達した800億円の大半を、割引クーポンやテレビCMなどに充当し、利用者の囲い込みや配達員の確保を進める。

 一方、21年8月期の有価証券報告書の提出期限の延長を関東財務局に申請し、12月28日まで延長が認められた。未収入金や未払金の残高に誤りがあり、調査中に外注費の計上漏れが見つかった。過年度の決算を訂正する。急成長のトガが決算に色濃く影を落としている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合