NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

フリマサイトの商品説明文に騙されたがキャンセル勝ち取り…ストリート経済の処世術

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】, ,
フリマサイト
「gettyimages」より

「私はストリートで育ったから、こういうトラブルは日常茶飯事なの」と豪語する知人がいます。居酒屋でからまれたとか、ちょっと目を離した隙に何かを盗まれたとか、刑事事件にまでなれば警察の力を借りることができますが、そうでもないトラブルの場合、日本は民事不介入の原則で自分の身は自分で守らなければならないときがあります。そういったとき、ストリートでの生存能力が必要になります。

 そして今回の記事のポイントが「ストリート経済の拡大」です。今現在もそうですし、これから先の未来ではなおさら、私たちを取り巻くストリート的な経済が大きくなっていきます。法律やルールできちんと守られた経済とは違う別物の経済。インターネット通販、SNSやフリマなどスマホ経済圏が広がることで、経済全体にそのような変化が起きます。

 たとえばテレビは衰退産業です。そしてスマホ経済圏ではYouTubeやTikTokがそれに代わります。結果としてユーチューバーが一大勢力になってくるのですが、テレビ業界とは異なり行政の管理下にないYouTubeでは、ルール無用のユーチューバーたちの目立った者勝ちの世界になりがちです。

 町のドラッグストアでは安全性が確認されたサプリや美容化粧品が販売されていますが、SNSの口コミで販売を伸ばしている商品には「偽りあり」と消費者からクレームが入るような商品が交じっています。口コミでも実際そのようなネガティブな反応が書き込まれるのですが、「すばらしい効き目でした」というやらせの口コミの多さに本物の口コミが埋もれてしまいます。

 実は昭和の時代には、このようなストリート経済が本物の経済のなかでも起きていました。今でいう迷惑YouTuberと同じことを、テレビの俗悪番組として普通にタレントがしていました。大手メーカーの商品でも、テレビCMで虚偽の演出をしても許される時代でもありました。

 当時の洗剤のCMでは「これまでの洗剤と新しい洗剤の比較」で白いシャツを洗って比較する演出が定番だったのですが、なぜかこれまでの洗剤は毎回黄ばみが残り、新しい洗剤では真っ白になる。その真っ白になる新しい洗剤が数年たつとまたリニューアルして、シャツを洗うと黄ばみが残るほうの旧商品として登場する。消費者団体が調査したら、なんのことはない、CM出演者は演出家に渡された新品のシャツを見てその白さに驚いた演技をしているだけ。そんな事実が報道ですっぱ抜かれても「だから何?」とスルーされていた時代が昭和でした。

 バブルの頃は大企業のトラブルの解決を反社会勢力が担うという構図も当たり前にありましたが、平成を通じて大企業は反社とは一切取引ができなくなりました。こうして台頭してきたのがいわゆる半グレです。

やっかいなのは「中間のケース」

 日本経済のいわゆるコンプライアンスは平成の30年間でかなりの浄化が行われ、マスの経済の世界では騙しや不良品が駆逐されていきました。そして私たち消費者は徐々に騙しへの耐性も失っていきました。

 では令和の時代に不良品がなくなったかというと逆で、インターネット通販では安価だけれどもすぐに壊れる商品があふれています。注文すると、すぐではなく10日ぐらいして中国から国際郵便で届く商品が多いことから、俗に“中華”と呼ばれたりもします。

 スマホの普及で私たちの生活がネット中心となり、その結果として拡大しているのがこれらのストリート経済であり、そのなかで個人や少人数の組織でよからぬビジネスを展開する勢力が力を増やしている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合