NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

音楽の世界もアジアの時代が到来…欧米のオーケストラ、コンサートも東洋人が席巻

文=篠崎靖男/指揮者
音楽の世界もアジアの時代が到来
「Getty Images」より

 日本経済研究センターがアジア・太平洋地域の15カ国を対象に、2035年までの経済成長の見通しをまとめたことが、今週の日本経済新聞で報道されています。

 大きな話題となっているのは、現在はGDPが日本の半分程度のインドが急成長して、2029年時点で日本を追い越し、世界3位の経済大国になると予想しているのです。そうすると、日本は第4位となってしまいます。もちろん、日本にはまだまだ頑張ってほしいところですが、現在2位の中国も含めて、昔から現在に至るまで華僑・印僑として世界中を自由自在に行き来しながら、その土地で大きな財を成していく中国人やインド人の知人たちを見ていると、そのエネルギーは驚くばかりです。

 1位のアメリカは別格として、日本を含めたアジアの主要3国が2位から4位まで占めることとなり、今後、アジアパワーはますます膨らんでいくと思います。もちろん、音楽の世界でも、オーケストラメンバーの中に優秀な東洋人が所属していることは当たり前の状況となっています。

 調べてみると、アメリカの7大オーケストラ、つまり一般メンバーの初任給が日本円で1000万円を軽く超えてしまうオーケストラの各コンサートマスターを数えてみると、総数は25名。この25名は、プール付きの家でアメリカンドリームを謳歌するような選ばれたヴァイオリニストたちですが、そのなかに東洋系は、なんと11人もいます。ニューヨークやフィラデルフィアのような伝統あるオーケストラなどでも、3名のうち2名は東洋系で、特に中国系、韓国系が占めています。

 そんななか、日本人で頑張っているのは、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターのアキコ・タルモトさん。正確には日系2世なのですが、ハーバード大学にも在学していた俊英で、日本生まれのお父様は京都大学在学中に京都大学交響楽団で演奏されていたくらい、音楽に熱心なご家庭で育っています。なぜそんなことまで知っているかというと、僕がロサンゼルス・フィルハーモニーの副指揮者を務めていた頃に、彼女と短い協奏曲を演奏したことがあるからです。ものすごく上手なヴァイオリン奏者です。

 少し話が逸れてしまいましたが、かつてアメリカのオーケストラのコンサートマスターはユダヤ系ばかりでしたが、今ではアジア系、特に極東アジア系が大活躍していますし、ヨーロッパを見渡しても、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターの樫本 大進さんをはじめとして、アジア系がバリバリと活動をしているのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合