NEW

宮崎県44位、青森県1位…お酒に強い遺伝子・都道府県ランキングが意外すぎて話題

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,
宮崎県44位、青森県1位…お酒に強い遺伝子・都道府県ランキングが意外すぎて話題の画像1
「GettyImages」より

 バイオ・ベンチャーのユーグレナ(東京都)が26日発表したプレスリリース『お酒に強い遺伝子タイプが多い都道府県ランキング、1位は青森県!東北エリアがお酒に強い傾向に』がTwitter上で話題になっている。

 同リリースによると、同社関連会社のユーグレナ・マイヘルスとジーンクエストは2020年5月、ユーグレナ・マイヘルスが手がける遺伝子解析サービスの利用者2万1371人のゲノムデータの解析を元に、遺伝子解析項目の「二日酔い(SNP:rs671)」を抽出して調査した。

「二日酔い(SNP:rs671)」には「お酒を飲んでも二日酔いになりにくいタイプ(遺伝子型:GG)」、「お酒を飲むと二日酔いになりやすいタイプ(遺伝子型:AG)」、「そもそもお酒が飲めないタイプ(遺伝子型:AA)」の3つのタイプがあり、今回の調査では、「GG」に該当する人の推定割合を都道府県別に算出し、数値化したのだという。

酒豪イメージの鹿児島、宮崎両県民は上位ならず

 調査の結果、お酒が強い遺伝子タイプの人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 青森県(68.92%)、2位 沖縄県(67.92%)、3位 岩手県(67.59%)、4位 秋田県(65.92%)、5位 山形県(65.88%)、6位宮城県(65.31%)となり、上位を東北6県のうち福島県(13位、60.79%)を除く5県が占める結果になった。全体としては、上位に東北エリアが多く、下位に近畿エリアが多くなる傾向だった。ちなみに東京都(57.27%)は20位、京都府(54.52%)は32位、大阪府(53.78%)は34位で、最下位の47位は奈良県(47.86%)だった。

 一方、Twitter上などでは焼酎の産地で、酒豪が多いイメージのある九州南部では、鹿児島県(15位、59.51%)、宮崎県(44位、48.65%)などと振るわなかったことに以下のような驚きの声が上がっていた。

「個人的イメージでは鹿児島人が最強と思ってた」(原文ママ、以下同)

「九州の中で、宮崎の弱さ。麦焼酎作ってるのに。。。」

「宮崎県の44位が信じられない宮崎県民です」

 今回のユーグレナの調査結果は、ゲノム解析にもとづくものだが、他の指標で各県民の飲酒傾向や酒量などの実情を示すデータはあるのだろうか。

 ユーグレナの調査でトップだった青森県広報広聴課や統計分析課の担当者らは「お酒を楽しむ県民性があるのは確かです。総務省の社会生活基本調査の結果などを精査すれば、今回発表にあったデータを裏付けるようなデータがあるのかもしれませんが、飲酒量が他県より多いとか、県民のお酒の購入量など、ぱっと出てくるデータはないので……」と困惑気味に話す。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合