NEW
舘内端「クルマの危機と未来」

EV世界覇者テスラを脅かすのはトヨタより日産・ルノー・三菱連合と考えられる根拠

文=舘内端/自動車評論家
【この記事のキーワード】, ,
EV世界覇者テスラを脅かすのはトヨタより日産・ルノー・三菱連合と考えられる根拠の画像1
テスラ「Model 3」(「Wikipedia」より)

日産の決意

 日産・ルノー・三菱の3社連合は、EV(電気自動車)に2026年度までの5年で3兆円を投資、さらに28年度に向けて全固体電池の開発を推進。これらを合わせて成長著しいテスラを猛追する。量産EVの開発、販売で最も長い歴史を持つ3社連合は、果たしてテスラを超えることができるだろうか。

世界最強のEV連合

 EV史上、初めて組み立てラインを組んでEVを量産したメーカーは三菱自動車工業である。モデルは軽自動車のi-MiEV。09年のことであった。その1年後の10年に日産自動車が2番手として登場。小型ハッチバックのリーフを世界に送り出した。ルノーは12年に3番手として登場。リーフとほぼ同じサイズのハッチバックEVを量産した。現在でも性能を向上させて量産を続けるゾエである。日産・ルノー・三菱の3社連合は、世界で最も早くEVの量産を手掛けたメーカーの連合だということだ。

 3モデルともに大量に売れたわけではなく、3社ともに販売には苦労している。ともに苦労したのはマーケット、つまりユーザーが求めているEVの性能(航続距離)であり、機能(充電時間)であり、価格であった。さらに加えれば、充電網の整備であり、日本では「EVなんかに乗ってどうするの?」という他人からの視線であった。EVそのものではないが、ユーザーを不安に陥れる他の要素も販売に大きく影響するという事実を突きつけられた。これらの解決がEVパイオニアたちに課せられた責務だった。

 しかし、販売が伸び悩むなかで、彼らが実験室ではない実際の街中で、高速道路で、EVを走らせ、そして何よりもユーザーを通じてつかんだEV造りと販売のノウハウ、そして何よりもEVの設計、生産、販売に向かう真摯な気持ち、つまりEVへの愛は彼らが得た大きな財産である。

 経験から得たこれらは、新型EV開発にとってもっとも重要なものであり、EVのニューカマーや、ましてや、これから開発を始めるカーメーカーが手に入れたくてもすぐには入手できないものである。つまり、世界最長のEV生産の歴史を持つ連合体が生まれたわけだ。EV後発のトヨタ自動車がどんなに悔やんでも、莫大な開発資金を投入しようとも、手に入れられない10年以上のEV生産と販売の経験が3社連合にはある。

 そうした目に見えないデータも含めて、EVの膨大なデータと経験を持ったメーカー3社が、5年で3兆円という莫大な研究・開発費をつぎ込んで新しいEVを開発するためにアライアンスを組んだ。世界に数ある他のカーメーカーとも、EV未経験のメーカーを集めた連合とも、一味も二味も違う強い開発力のある連合だ。テスラに対峙できるのは、この3社連合ではないだろうか。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合