NEW

値上げでも世界中から注文殺到…信越化学工業「最強の高収益経営」の秘密

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】, ,
値上げでも世界中から注文殺到…信越化学工業「最強の高収益経営」の秘密の画像1
信越化学工業のHPより

 信越化学工業は、世界の電気自動車(EV)シフトを成長の加速につなげようとしている。2018年に発表した投資計画で同社はシリコーン事業に1,100億円を投じ、国内とタイで生産能力を1.5倍に引き上げた。しかし、世界的なEVシフトによる需要拡大ペースは想定を上回っている。シリコーンなどの需要は急増し、供給が追いつかない。急拡大するビジネスチャンスを確実に手に入れるために、同社は800億円超の設備投資を行って生産能力をさらに強化する。

 ポイントは、今回の設備投資が主に国内で行われることだ。EVのモーターなどに蓄積される熱を解放する高機能素材の分野で、信越化学が国内で磨いた製造技術は簡単に海外で再現することができないようだ。デジタル化の進展、脱炭素によるEVシフト、さらにはメタバースなど世界経済の環境変化は激化している。それによって新しい素材創出のニーズは世界全体で急速に増加する。今回の設備投資は、信越化学が模倣が困難な素材の製造技術に磨きをかけて、より優位に先端分野の需要を取り込もうとする決意表明といって良いだろう。同社が素材の製造技術を磨き、高い成長を実現することを期待したい。

好調な業績をひた走る信越化学

 デジタル化の加速による半導体需要の増加やEVシフトを追い風に、信越化学の業績が拡大している。2021年4〜12月期の累計決算は増収増益となった。投下資本利益率(ROIC)は前年同期から9.5ポイント上昇して25.9%(年率換算)だった。

 セグメント別にみると、生活環境基盤材料事業では、米国の旺盛な住宅需要などに支えられて塩化ビニル需要が急増した。需要に対応するために、信越化学の米国拠点は工場の定期修理を延期した。電子材料事業でもフル操業が続いている。世界的な半導体不足は当面続く。半導体の基盤として用いられるシリコンウエハやフォトレジスト、封止剤など非常に純度の高い(高付加価値の)素材需要は増加している。

 一部の拠点では感染再拡大などの影響によって事業運営に支障が出たが、同社は世界からの旺盛な需要に応えた。シリコーンなどを生産する機能材料事業では、原料のケイ素価格の高騰に直面しつつも、製品価格を引き上げることで増収増益を実現した。なお、シリコンウエハのシリコン(Silicon)と、放熱剤として用いられるシリコーン(Silicone)は異なる。シリコーンはケイ素から作られる人工化合物のことをいう。

 世界的なサプライチェーンの寸断などを背景とするコスト増加に対応するために、同社は塩ビなど複数の製品で値上げを実施した。それでも捌ききれないほどの需要が舞い込んでいる。世界各国の企業にとって信越化学の生み出す素材には、他の企業にはない価値がある。高い製造技術に裏付けられたブランド競争力が値上げによるコストの吸収と事業運営の効率性向上を支えている。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合