NEW

ドライブ中に聴くと危険な曲、意外にもクラシックが1位!

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
【この記事のキーワード】, ,
ドライブ中に聴くと危険な曲
ドライブに音楽はつきものだが、なかには危険な曲も(「Getty Images」より)

 少し古い話になりますが2004年、イギリス自動車関連機関・王立自動車クラブ(RAC)により、ドライブ中に聴くのに“危険な曲トップ5”と“安全な曲トップ5”が発表されました。

 危険な曲はロック音楽で、安全な曲はクラシック音楽であるに違いないと思われたと思いますが、なんとドライブ中に危険な第1位は、クラシック音楽なのです。

 見事に危険な曲第1位に輝いたのは、ドイツ歌劇の巨匠作曲家で19世紀に活躍したリヒャルト・ワーグナーの、演奏に4時間近くかかる超大作『ワルキューレ』の一曲、『ワルキューレの騎行』です。

 この曲は、映画『地獄の黙示録』(boidほか)のなかの軍用ヘリコプターからの攻撃場面で使われ、クラシックファンでない方々にも有名になったように、気持ちが交戦ムードになってくるような曲です。実は、僕も高速道路を走行中に、この曲を聴きながら知らず知らずのうちにアクセルを踏み込んでしまい、メーターを見て驚いてブレーキをかけたことがあります。今から考えても危ない瞬間でした。

 これには、科学的理由もあります。RACの顧問心理学者コンラッド・キング氏によれば、「一般的に、1分間に60ビートを超える曲を聴くと、心拍数と血圧が上がる。クラシック音楽は速いテンポではないが、音数の多さと、クレッシェンド・デクレシェンドの反復により、同様の効果がもたらされる」そうです。

 第2位は英ロックバンドのプロディジー『ファイアースターター』、第3位は英ダンスユニットのベースメント・ジャックス『レッド・アラート』とポップ音楽が続きますが、そんななかで『ワルキューレの騎行』は大オーケストラが一斉に激しく演奏し、金管楽器が咆哮することにより、危険度はぶっちぎりで1位だと思います。とはいえ、もちろんオペラ劇場やコンサートホールで聴いていただく分には、まったく問題なく、名曲中の名曲ですのでご安心ください。

 そのあと、第4位には英エレクトロバンドのフェイスレス『不眠症』が続きますが、共通して言えるのは、常に高い音を連続して使っていることと、速いテンポと強いリズム感。これは『ワルキューレの騎行』も同様ですが、脳に直接ぶつかってくるような、不快感と快感の、ちょうど狭間のような音楽です。そんな音楽がドライバーの脳を軽いトランス状態に陥らせ、高揚感からドライブ中に注意すべきことを忘れさせてしまうことがあるのかもしれません。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合