NEW

キヤノン、高収益企業の復活…なぜ世界の最先端分野で事業成長の加速を実現?

文=真壁昭夫/多摩大学特別招聘教授
【この記事のキーワード】, ,
キヤノン、高収益企業の復活…なぜ世界の最先端分野で事業成長の加速を実現?の画像1
キヤノンのHPより

 7月26日、キヤノンが2022年第2四半期の決算を発表した。売上高、営業利益ともに前年同期から増加した。最大のポイントは、値上げによってコストを吸収できたことだ。ウクライナ危機の発生によって企業のコストプッシュ圧力は強まった。世界的に需要も減少している。そのなかでもキヤノンは医療機器やカメラなどの画像関連機器、半導体製造装置などの分野でものづくりの力を磨き、成長を実現した。同社は米国で医療機器の販売会社を買収した。デジタルカメラなどで得た資金を、同社は成長期待の高い先端分野に再配分し、さらなる成長を目指している。

 今後の注目点の一つは、キヤノンによる国際分業や他企業との連携強化がどう展開されるかだ。これまで、キヤノンはレンズなど光学系の製造技術を磨いた。それをデジタルカメラや医療機器、半導体製造装置と結合することによって同社は成長を実現した。いずれにも共通するのは、微細なモノを“見える化”する技術の創出だ。そうした強みに集中することによって、キヤノンは成長を加速することができるだろう。

キヤノンの底力を示す第2四半期決算

 第2四半期の決算において、キヤノンはモノづくりの底力を世界に示したといえる。売上高は前年同期比で13.3%増の9,988億円だった。経費率は36.6%、前年同期から2.0ポイント低下した。営業利益は同27.4%増の985億円だった。営業利益率は9.9%と前年同期の8.8%から上昇した。コストの削減を徹底しつつ、製品の価格を引き上げることによって同社は収益の増加を実現した。

 事業ごとに収益状況を確認すると、インクジェットプリンターなどを手掛けるプリンティングをはじめ事業ポートフォリオ全体で収益は増えた。特に、カメラやネットワークカメラなどを生産するイメージング、CTやMRIなどの機器を扱うメディカル、半導体生産に使われる露光装置などを生産するインダストリアルの収益の増加が顕著だ。キヤノンは、世界経済の最先端分野で事業の成長を加速させることができていると評価できる。

 イメージングの分野では、防犯カメラや生産現場や家庭でのインターネット・オブ・スィングス=IoT機器の導入が世界全体で増える。世界全体でAI=人工知能が動作を検知し、画像データを分析するネットワークカメラ需要は伸びるだろう。また、新型コロナウイルスの感染再拡大の長期化などによって、世界全体で健康に関する人々の意識は高まった。より鮮明な画像を用いた診断の需要は拡大するだろう。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合