NEW

ミッキーマウス著作権が2024年に切れる?の誤解…ディズニーから提訴リスクも

文=A4studio
東京ディズニーリゾート(「Wikipedia」より/一部加工済)
東京ディズニーリゾート(「Wikipedia」より/一部加工済)

 ウォルト・ディズニー・カンパニーが誇る人気キャラクター「ミッキーマウス」。1928年11月18日の誕生から95年が経つため、著作権の期限が2023年いっぱいとなっており、2024年になると著作権が切れるという話があるが、はたして本当なのだろうか。

 同じディズニーキャラクターで有名な「くまのプーさん」は、2022年はじめに著作権が消滅し、現在はパブリックドメイン化されている。一例だが、格安SIMで知られるミントモバイルは早々に、プーさんの好きなハチミツ(honey)をお金(money)に読み替え、3カ月無料で使えるSIMを宣伝するCMを制作した。

 著作権が切れた後は、ミッキーマウスというキャラクターを使って無許可で自由に創作したり、無料でCMやポスターなどに使うことは問題ないのか。そこで今回は、著作権問題に詳しいトップコート国際法律事務所の勝部泰之弁護士に話を聞いた。

実はキャラクター自体には著作権が存在しない

 まず、著作権に期限があるのはなぜか。また、著作権の期限はどのように制定されているのかを聞いた。

「著作権は、国によって期間は異なりますが、一定の期間が経過すれば消滅する権利とされており、所有権のように永久に保持できる権利や、商標権のように更新可能な権利とは異なります。著作権は創作活動のインセンティブが働くよう国家が特別に与えた権利なので、必要な限度でインセンティブが与えられればよいという判断に基づいているんですね」(勝部氏)

 今回ミッキーマウスの著作権切れが話題になっているのは米国法の話であり、日本の著作権法の話はまた別だという。

「米国では、法人著作の場合は公表時を、人間の著作の場合は創作時を起算点にしています。さらに、1998年の延長法により、1977年までに発表された著作物の法人著作権の存続期間は公表から95年に延長されています。これに対し、日本では映画の著作権とそれ以外の著作権の起算点の違いにあります。映画の著作物の存続期間は、公表の翌日から50年です。もう少し詳しくいうと、1952年12月31日より前に公表された映画の著作物は、旧法によって公表から50年で存続期間の満了を迎えることになっています(2004年1月1日より前に存続期間満了を迎えた場合のケース)。

 また、日本には戦争により失われた著作権者の利益を回復することを目的に定められた制度である“戦時加算期間”(10年5カ月間)があるのですが、これを考慮したとしても、米国より先に保護期間が満了している可能性があります。ですが、映画の著作権とは別に、原画の著作権の存続期間は満了していないという考え方もあるので、米国法よりも解釈が複雑です」(同)

 今回の例のように、米国の著作物であるミッキーマウスでいうと、米国で著作権が切れた場合、日本でも同じタイミングで著作権が切れるのだろうか。

「日本法と米国法の関係ですが、日本の著作権法58条によると、著作物を生んだ国(ベルヌ条約加盟国)で、著作権存続期間が日本の存続期間より短い場合、『その本国において定められる著作権の存続期間による』と規定しています。ですので、今回のように米国で著作権が消滅した場合、一見すると日本でも同じタイミングで著作権が消滅しそうに思えます。ですが、米国がベルヌ条約に加入したのは1989年で、この規定はさかのぼって適用されないというのが裁判例の考え方です。したがって、米国でミッキーマウスの著作権が消滅しても、日本法の保護期間中はなお著作権が存続することになります」(同)

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合