NEW

パチスロ「6号機」で元祖"爆裂AT"マシンが復活!! 往年の「サバチャン」が蘇る【パチスロ新台―徹底考察『猛獣王』―】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年も絶好調の大手サミー。先日リリースされた6号機『パチスロ蒼天の拳 朋友』は、4号機時代の大ヒット作『初代・北斗の拳』のゲーム性を見事復活させるなど、存在感は今年も健在だ。

 そんなサミーの復刻機は『北斗』シリーズだけではない。かつて「SUPER AT」で名を馳せたアノ"爆裂マシン"が復活を遂げようとしている

『パチスロ猛獣王 王者の咆哮』(サミー)

パチスロ「6号機」で元祖爆裂ATマシンが復活!! 往年の「サバチャン」が蘇る【パチスロ新台―徹底考察『猛獣王』―】の画像1
サミー HP」より

 説明不要のサミーの代名詞『獣王』シリーズが6号機で再降臨。スペックはもちろん「高純増ATタイプ」だ。

 その出玉スピードは最高クラスの純増約6.0枚。初代を彷彿とさせる「色押しナビ」で出玉を増やすタイプとなっている。

 気になるAT「サバンナチャンス」は、5号機『獣王』のゲーム性を踏襲。2択当てタイプの「ダチョサバ」は、押し順ナビ正解で継続させていくゲーム性だ。全ナビされることもあるようだが、自身のエスパー力が出玉のカギを握っている。

 ストックタイプとなる「ゴリサバ」は、液晶上に奇数図柄が揃えばストック上乗せが確定。Vが揃えば複数ストックするなど、かの「神マシン」を想起させる仕上がりだ。

 主役の「ライサバ」は自力継続タイプ。ベルを引き続ける限り継続し、転落抽選が行なわれない「無敵モード」も存在している。シンプルかつ手に汗を握る展開を味わうことが可能だ。5号機では邪険に扱われたライオンだが、ぜひ挽回してほしいところである。

 本機最強の性能を誇る「ゾウサバ」は、今のところ「100Gオーバーの超AT」とまでしか明らかになっていない。これまでのシリーズ機に匹敵する爆裂性能に期待したい。

パチスロ「6号機」で元祖"爆裂AT"マシンが復活!! 往年の「サバチャン」が蘇る【パチスロ新台―徹底考察『猛獣王』―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機サミーパチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!