NEW
クラウドファンディングの「社会的責任」と「本当の支援」とは?

自称ニートがネットで"生活費集め"はOKか!?(後編)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
休止に追い込まれたstudygift。
(サイト「studygift」より)
混迷の時代を生き抜く若者の生活に取材し、『親より稼ぐネオニート』(扶桑社新書)などの著作を持つ今一生氏が、昨今話題の「クラウドファンディング」をめぐる、あるトピックに疑問を投げかけた。これは、ネットが生み出した新しい生き方なのか、社会を沈下させる禁断の試みなのかーー。

<前編記事はこちら>
自称ニートがネットで"生活費集め"はOKか!? (前編)

「働けない事情はないけど、働きたくない」自称ニートが、「本の制作費」として、生活費を算入した資金を集めるという反・良識的なプロジェクトを受け入れたクラウドファンディング「CAMPFIRE」。その運営元であるハイパーインターネッツ(東京都港区)に「どんな基準で、新規プロジェクトを審査・承認しているのか?」などの質問をメールで送ってみた。

 だが、25日間も待っても、回答がなかった。

 CAMPFIREの運営者には、5月28日にサービスを休止した学費支援のクラウドファンディング「studygift」と同じ家入一真氏が名を連ねている。

 家入氏は、普段は別の仕事を持っているメンバーが集まって新しいビジネスやウェブサービスを立ち上げまくるモノづくり集団「Liverty」のプロジェクトのひとつとして、studygiftを運営していたが、休止についてこう説明している。

「現状説明において、スタッフによる確認不足や、誤解を招く様な表現がございました。またそれらに対し、ユーザー様へのご説明に不足する部分が多々ありましたことも、紛れも無い事実です」

Ustreamでも放送された鼎談企画で反省の弁を述べる家入氏。(サイト「Ustream」より)
『奪われた性欲』


今一生氏の著書

amazon_associate_logo.jpg