NEW
山本一郎

山本一郎「まさかのバンダイナムコが新ガチャで規制逃れ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_519.jpg
通称“二段ガチャ”と呼ばれる新ガチャを導入する『アイドルマスター
シンデレラガールズ』。同HPより

――山本一郎氏が、国内外の経済・起業ネタから、テレビ・芸能ネタまで、幅広くチョイス。今回は、ついに東証から、JAL再上場の予定が発表された件から、相変わらずな発言をする石原都知事、さらに毎度おなじみクソ銘柄に関する言及まで
記事までをご紹介!

霞ヶ関から眺める証券市場の風景「第66回 行政処分」(PDF) - 金融法務事情(7月25日)

 今回も証取大森さんのネタから。いやあ、タイムリーすぎるぐらいジャストミートに野村證券の話でありまして、ファイヤーウォールを機能させることのむつかしさやら、非常に興味深い記事が満載です。しかもその直後に野村證券・渡部社長の首が取られているわけで、二重三重の意味で考えてしまう記事でありました。

特別コンプライアンス委員会設置に関するお知らせ - ハイブリッド・サービス株式会社(8月6日)

 コンプライアンス委員会に招致された人選がヤメ検三人衆という不思議な人事事案がこちらになります。まあ不思議ってわけでもねえけど。事件化するかどうかという大切な問題ですし、何かあったときの備えとして万全なものにしておきたい気持ちがとても良く伝わってくる事案でありまして、襟を正すとはこういうことなのかと思うわけですね。

日本航空 再上場について - 東京証券取引所

 9月19日、日本航空が再上場の予定発表きたーっ ……と思いきや、市場区分未定。えっ、一部上場なんじゃないの? 現在、政権末期で民主と自民が日航と全日空の代理戦争でさんざんメディアを賑わしておりまして、文字通り政争の具さながらになっているあたりが日本政治の深い業のようなものを感じさせるのです。でも業績をあれだけしっかり回復させた稲盛さんの手腕はさすがに見事としか言いようがありません。その調子で日本郵政も(ry

バンダイナムコ、コンプガチャ廃止「カバーできた」 - 日本経済新聞(8月2日)

 主力のソーシャルゲーム「アイドルマスター」で、コンプガチャ廃止に対抗し「二段ガチャ」なる新たな規制逃れを正面からブチかましてきた、バンダイナムコが王者の貫禄であります。零細事業者が目先のカネ欲しさにしょっぱい対策をしてくるのかと思ったら、ゲーム業界老舗の大手がど真ん中をやってくるとは警察も思わなかったんじゃないでしょうかねえ。もちろんカウンタープランをさまざま模索中、との一報も聞こえてきておりますが、さてどうなってしまうのでありましょうか。