NEW
牛窪恵の女ゴコロがブームをつくる! 第2回「小胸整形」「小胸ブラ」

小胸ブーム到来で、胸を小さく見せる女性が急増中!?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛窪恵氏
『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系列)などでおなじみの世代・トレンド評論家、牛窪恵氏。本連載では、8月23日に『男女1100人の「キズナ系親孝行、始めました。」』(河出書房新社)も出版した牛窪氏が毎回、賢くも楽しく生きる女子たちの“生態”を通じて、彼女たちが新しいマーケットやブームをつくりだしていく現実と可能性について探る。日本の将来は、女ゴコロしだい!?

 先日、私が準レギュラーでスタジオ出演させていただいている、明石家さんまさん司会の番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列)で、いま話題の「小胸整形」と「埼玉県貧乳問題」が、相次いで取り上げられた(6月27日・8月22日オンエア分)。ご覧になった方も多いかと思う。

 後者は5ページ目で語るとして、まず前者について。

 最近、若い女性を中心に、胸を“小さく”見せる小胸整形が密かなブームを呼んでいる、との内容だ。乳輪ならまだしも、乳房全体を小さく見せたいと、わざわざ整形外科の門を叩くという。

「もったいない!」「なんでわざわざ?」と首をかしげる男性も多いだろう。
だが、すでに大手の高須クリニックほか複数のクリニックでは、「乳房縮小」なるコースを展開、「胸が小さくなって肩こりが減った」「スタイルバランスが良くなった」など、喜びの声も寄せられているそうだ。

「高須クリニック HP」より(http://www.takasu.co.jp/operation/bust/shukusho.html
 なぜ、イマドキの女性たちは胸を“小さく”見せたいのか? 取材&調査してみると、次の3つの要因が見えてくる。


 1.大前提として、30年前に比べて胸が大きな女性が増えた。
 2.胸が大きいと「肩が凝る」「太って見える」など、いくつかの弊害がある。
 3.一部の男性の間で、「胸が大きすぎる女性は引く」との声が増えている。