NEW
上場バブルで株価が高騰中

「マックのステマ疑惑で非難も」上場したトレンダーズの正体

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※Business Journalのスマホ版もオープンしましたので、ぜひ、ご利用ください!

post_902.jpg
女性向けという市場。(「トレンダーズHP」より)
「美人すぎる女性起業家、最年少でマザーズ上場」。10月19日、こんなニュースがテレビで流れた。東証マザーズに新規株式公開(IPO)したトレンダーズ(東京・渋谷)である。初日の19日は大量の買いが入り値がつかず、5870円の買い気配のまま取引を終了した。

 上場2日目の22日。初値は6500円。公開価格2550円の2.5倍。一時ストップ高の7500円まで上げ、終値は6980円。23日も1000円(ストップ高)の7980円をつけた。連日の人気となっている。

 経沢香保子(つねざわ・かほこ、戸籍名:岡本香保子、39)社長は億万長者になった。所有株式数は59万2500株。初値で計算すると時価総額は38億5125万円。夫の岡本伊久男・取締役は37万3800株を所有しており、時価総額は24億2970万円。夫婦合わせて62億8095万円の大富豪が誕生した。23日の高値で計算すると2人合わせて77億1107万円強となる。

 同社はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)関連。流行に敏感な女性を自社会員(womedia会員)として登録。顧客企業から依頼された化粧品などの商品の利用体験をブログサイトに掲載する。口コミで女性向けに情報を発信するソーシャルメディア・マーケテングが主力事業だ。

 今年8月末のwomedia会員は6万2694名。2013年3月期の業績は、売上17億4000万円(前期比45%増)、経常利益3億9100万円(同40%増)、純利益2億3500万円(同51%増)を見込んでいる。2014年同期(来期)の経常利益は6億2500万円(今期の会社計画に比較して60%増)。超強気の利益目標を立てている。IPOした新興企業の業績予想の典型だ。直ぐに下方修正するのではないかと懸念される。

 経沢氏は千葉県松戸市の生まれ。桜蔭中・高校を経て、慶應義塾大学経済学部卒業。起業までの3年間に3社で“量稽古”を積んだ。量稽古とは、彼女によると「数多くの訓練を積み、キャリアを磨くトレーニング法」のことだ。

 97年4月、リクルートに入社した。リクルートは新入社員に「名刺獲得キャンペーン」をやらせる。一定期間、新人に飛び込み営業をさせて、獲得した名刺の数を競うイベントだ。彼女は効率的な訪問ルートを調べ上げ、日中は休憩をとらず、ひたすら名刺を集め続けた。約550枚の名刺を集め、関東地区でトップになった。

 1年でエイ・ワイ・ネットワークに移り、さらに99年11月、創業間もない楽天に転職。楽天がまだ従業員数10名の小さな世帯の頃で、さまざまな新規事業の開発にかかわったという。

『ソーシャルメディア炎上事件簿』


トレンダーズも載ってる?

amazon_associate_logo.jpg