NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(11月第4週)

ソフトバンク、スプリントとイー・アクセス同時買収ができたワケ

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1041.jpg
(左)「週刊東洋経済」(11/24号)
(右)「週刊ダイヤモンド」(同)
「週刊東洋経済 11/24号」の大特集は『ソフトバンクの世界作戦』。10月、米国携帯3位のスプリント・ネクステルを約1・6兆円で買収すると発表したソフトバンク。両社の合計売上高は6・3兆円、世界3位の携帯電話会社に躍り出る。

 約1・8兆円に上ったボーダフォンジャパンの巨額買収から6年。ソフトバンクの業績は順調に拡大し、2012年3月期の営業利益は6752億円と、ライバルのKDDI(4776億円)を大きく上回った。スプリントと合わせたEBITDA(償却前営業利益)ではNTTドコモをも上回ることになる。

■孫正義に立ちはだかる米国の壁

 このソフトバンクは孫正義氏の個人経営のように見られがちだが、実は重層的な組織が支えている。その中身を徹底解剖した特集だ。『カリスマの周囲には「この道何十年」のプロがずらり 孫流スピード経営、誰が支える』という記事では、要職につくスタッフを写真つきで紹介している。

 たとえば、非東大卒ながら東大閥の富士銀行で副頭取まで務めた取締役の笠井和彦氏は大番頭の役割を、社長室長は民主党で衆議院議員を3期9年務めた嶋聡氏……。「ADSLの生みの親」や「通信技術の目利き」などその道のプロが支えている。

 だからこそ、今年6月から話を進めてきたスプリントとの買収交渉の土壇場の段階で、KDDIによる買収を阻止するために浮上したイーアクセスの買収話も同時に進めることができたのだ。イーアクセスの買収発表は10月1日、スプリントの買収発表は10月15日だ。

 スプリント買収に関して「スプリントとわかったときには正直しびれた。カントリーリスクの低いアメリカで3位のスプリントを買う、というのは実に絶妙。事業立地の選び方も勝負のタイミングも本当にうまいと思う」と川辺健太郎ヤフー副社長兼最高執行責任者が語り、ソフトバンク社外取締役にしてファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は「孫さんの度胸のよさには参るね。ソフトバンクは今のままいけば、年間の経常利益が1兆円になるのはもうすぐだ。それにもかかわらずスプリントを買って、日米で通信事業を追求する。(略)将来の日本のことを考えたらNTTを超えても仕方ない。それなら(米国1位の)ベライゾンや(米国2位の)AT&Tを超えて世界一の携帯通信会社になったほうがよほどいいと考えたんじゃないか」と語っているが、実際には課題が山積みだ。

 まずは、米国・政府機関からこの買収が承認されるかだ。米国では大型買収に際し、独占禁止法の観点から司法省と連邦通信委員会(FCC)の承認を得なければならない。これが大きな関門で、11年に(米国2位の)AT&Tモビリティが発表した業界4位のTモバイルUSAの買収は、両政府機関の反対によって失敗しているからだ。そしてAT&Tモビリティは、ソフトバンクのスプリント買収に反対しており、政府審査をめぐるかけひきが始まっている。

『週刊 東洋経済 2012年 11/24号』


“お父さん”も全面協力。

amazon_associate_logo.jpg

『週刊 ダイヤモンド 2012年 11/24号』


読むだけで健康に。

amazon_associate_logo.jpg