NEW
「蓮舫批判」「村上ファンド」「潜水艦不要発言」……真相はいかに!?

片山さつき、ネットの噂・批判に反論する!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片山さつき議員
 混迷が続く永田町において、片山さつき議員といえば、郵政選挙で国政の場に登場した05年から、「生活保護費不正受給問題」の火付け役となった今年まで、常に注目を浴び続ける存在だった。それゆえに毀誉褒貶も激しく、本人いわく「雑誌やネットで事実と異なる情報がいまだ数多く流れている」状況だという。

 対して、そうしたネガティブ情報には、その真偽も含めて、積極的に反論や説明をする姿勢も見せている。そこで今回は、あの“ネット百科事典”にも掲載されている、片山議員に関する“定番”の批判や指摘について、本人の見解を聞いた。真実はどこにあるのか――。

――次長課長の河本準一の「生活保護費不正受給疑惑」は、片山議員の追及がきっかけで国民的議論となり、その背後にあった「受給者212万人以上、国家予算3.7兆円」という異常な状況に対しても、多くの国民が目を向けるきっかけとなりました。

片山さつき議員(以下、片山) 河本さんに関する問題で、テレビ番組では、私に批判的なコメントをする識者やタレントはいましたが、ネットや私に直接意見を寄せてくれる人たちの反応は、理解があるものばかりでした。河本さんの個人攻撃を目的としていなかったのは明らかなのに、テレビはそれを「河本叩き」に矮小化しようする人がいた。ただ、河本さんをかばっていた人は、ネットでは叩かれまくっていましたよ。それはそうでしょう。違反は違反なんですから。

 騒動の中、テレビで共演した人の中で、問題の本質を理解してくれていたのは(作家の)渡辺淳一さんくらいでした。生活保護というのは文化の問題で、文化社会学的な話なんです。日本に社会というものができてから、貧困問題と対峙してきた日本人は、一に家族、二に地域……という考え方で支え合ってきたんです。河本さんのように家族を切り捨てるような判断は、千数百年以上も社会を成立させてきた、この国らしさを失うことにつながるんです。

――そんなふうに、片山議員ほど、ものをはっきりいう政治家は少なくなっています。ただその分、「出る杭を打つ」がごとく反発する人もいるのか、事実と異なる片山議員の情報が流布されているそうですね。今回はそれに対して議員自身が反論や説明をしてくれるということなので、話を伺えればと思っています。

片山 私は本当のことしか言いません。雑誌でもネットでも、記事を書くのが誰であろうと、私に確認してくれればいいのに、それがされていない情報が独り歩きしています。聞いてくれれば、なんでも答えますよ。

――まず聞きたいのが「潜水艦削減」発言の真意です。片山議員は、財務省主計局主計官時代に、2005年(平成17年)度の予算編成において、「潜水艦は、冷戦構造を前提とした時代遅れの兵器である。増やす事など認めない」と語り、防衛庁(当時)から要求があった「そうりゅう型潜水艦」の整備を認めなかったとされています。現在のように領土・領海問題が深刻化する中、こうした認識はおかしかったという見方もあるようです。

片山 私もそうした記述をネットで見ました。ただし、私がしたとされる「潜水艦は時代遅れの兵器」という発言は捏造されたものです。その時、海上自衛隊と行った議論をはっきり覚えていますが、潜水艦については「従来のそうりゅう型ではなく、原子力潜水艦を考えたらどうか」というコメントを非公式にしたくらいで、「潜水艦の是非」についての議論はありませんでした。議論になったのは、潜水艦の艦年齢、つまり耐用年数が16年というのは、他国に比べて短く、その都度、補充していくのは血税の使い方としてはよくないと思うので、耐用年数を伸ばすことはできないのかというものです。

――1隻1200億円以上する潜水艦の耐用年数が16年というのは短いですね。先進国の軍隊では30年前後使用されるのが普通のようですが。なぜ、日本はそんなに短いのでしょうか?

片山 潜水艦を製造できる工場は国内に2ラインしかないですが、これらのどちらかは毎年稼働させていたいという思惑が防衛庁にはあるんでしょう。長年維持されている潜水艦の16隻体制を継続しつつ、製造ラインを常時稼働させ続けるには、毎年1隻を除籍させ、1隻を発注していく必要がある。そのために、16年という耐用年数が決まっているのではないかという批判は以前からあったんです。私は、ここを是正したいという気持ちはありましたが、潜水艦が持つ抑止力、情報収集、警戒監視の手段としての重要性自体を否定したことはありません。