NEW
安藤京花「勝手に合コン会社案内」〜外資系証券会社〜

“自信過剰”ゴールドマンサックス社員との合コン実況中継!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールドマン・サックス証券が入居する
六本木ヒルズ(「Wikipedia」より)
 多い時は年間500以上の合コンをこなし、これまでの合コン回数は3000回以上の合コンプランナーとして、テレビ、雑誌などのメディアに多数出演している安藤京花氏。合コンサークル「カリテクラブ」運営会社のオフィスカリテ代表取締役を務める一方、定額制エステ『サロンドマシェリ』の代表でもある安藤氏が、合コンから垣間見えたアノ有名企業や人気業界の裏側に迫る! 

 あれはとある夜の20時頃、六本木の西麻布交差点で女友達と信号待ちをしていた。季節は12月で、信号を渡る足が早まるほどの寒さだった。

 近くのレストランで食事をしようと友人と相談していたら、ふいに肩をたたかれ「あのー、もしかして今お時間空いてますか?」と、20代後半の高そうなスーツを着こなした男性2人組が話しかけてきた。

「なんで?」と聞き返すと、私たちの前で冷たい地面に土下座をして、こう言った。

「お願いします! 今そこのお店で先輩と取引先のお客さんと飲んでいるのですが、女性の人数が足りなくて、先輩から『ナンパしてこい!』と言われ、お姉さんに声を掛けさせてもらいました。なかなかナンパが成功しなくて困っているんです! 1時間でも30分でもよいので、人助けだと思って来てもらえませんか?」

 友人は、「やだー、接待でしょ? それ」と断ったら、

「いえ! 別に、お客さんにお酌をしてほしいわけじゃないんです! 横に座って、笑って話を聞いていてもらえたら十分です! 女性を連れて帰らないと、先輩に何されるかわからないんです、本当に助けてください」

と言われ、「横に座って笑ってあげるのって、接待じゃないんだ……」とポカーンとしてしまいました。

 涙目で男性が私たち2人に拝むので、「なんとなく暇だし美味しいものも食べられそうだし」ということで「わかったよ、じゃあ30分だけね」と答えたら、「本当にありがとうございます! 本当にありがとうございます!」と何回もお礼を言われた。

●できない部下には罰ゲーム

 どうやら先輩はこの手のナンパをよく後輩にさせるらしく、できない部下には電柱に登らせ1時間反省をさせるという罰ゲームを強要するらしい。なんとも「おかしい会社だね」と歩きながら会社名を聞くと「GSです、ゴールドマン・サックス証券です。職場が、すぐそこなんです」とのこと。男性2名は先ほどの腰の低い申し訳なさそうな態度から一転して、「俺たちの先輩もお客さんも皆羽振りよくてかっこいいから、きっとお姉さんたちも楽しめますよ!」と自信満々で、その先輩とやらが集まるレストランに案内された。

 扉を開けるなり、ものすごい人数に圧倒された。30人はいるだろうその集まりは、もはや食事会ではなくパーティーだった。しかも男性は皆高そうなスーツ、女性は結婚式の2次会のような素敵なドレスを着込んだ美人さんぞろいだったのだ。私たちは口をあんぐりしながら席へ案内されたが、正直ナンパさせるほどの男性たちだから、しょぼいんだろうとナメてたら「あ、こんばんは。すごい綺麗なコたちを連れて来てくれたね~。お前たち偉いぞ、もういいから、あっち行っていいから」と部下はさっさと下げた。そしてその先輩らしき彼らは、高級時計を見ながら「何飲む? あ、君たち仕事は何かな?」と質問攻めしてきた。質問にある程度答えたら、

「いいね~、君たち本当にいいね~、来週の○日空いてる? 合コンするんだけど、よかったら来ないかな? 有名な大手の社長さんたちが来るよ、今まで味わったことがない最高の合コンだよ? 友達も呼んじゃう? 誘っていいよ、だけど可愛い子ね」

『なかぎし 掛け敷き毛布』


土下座の時は下に敷こう

amazon_associate_logo.jpg