NEW
『100の結果を引き寄せる1%アクション』発売記念特別企画

『社長失格』板倉雄一郎氏を“社長復活”に導いたルック・スルーとは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新会社を立ち上げ、再びネットビジネスに
挑む板倉氏。
 120年の歴史があり、自己啓発界のレジェンドであるナポレオン・ヒルも編集長として所属していたアメリカの一流雑誌「SUCCESS」(サクセスマガジン社)との共同開発プロジェクトに企画制作責任者として参画し、最も新しい能力開発プログラムの開発を成功させた鈴木領一氏。近年は、大手IT企業や政府とのプロジェクトで、ビジネスプロデューサーとしての活躍も目覚しい。

 その鈴木氏が近著『100の結果を引き寄せる1%アクション』で提唱する「フレーム」や「1%アクション」などの概念を用いた「成功のための思考法」は各方面で高い支持を集めてきたが、その中から、ビジネスにおいて成功を納めてきた著名人たちと、鈴木氏との特別対談を実施。

 この模様は、音声ファイルとして、『100の結果を引き寄せる1%アクション』アマゾンキャンペーンに参加してもらった読者に配信しているが、ここではその一部を紹介する。対談本編では、「フレームを理解することで、必ず成功するための秘訣」がさらに濃密に語られているので、ぜひ、聞いていただきたい。

【第1回】
板倉雄一郎(IT企業家)×鈴木領一
「本質を見抜く力をつける方法」

 Googleに代表されるネットのビジネスモデルを世界で最初に手がけた板倉雄一郎氏。板倉氏は常に20年先を読み、新しいビジネスモデルを次々に世に送り出してきた。

 その板倉氏は、時代の流れや物事の本質を見通す力を「ルック・スルー」と読んでいる。鈴木領一氏との対談では、鈴木氏が提唱する「フレーム」の考え方が、まさに「ルック・スルー」の考え方であると共感し、本書を「今年唯一読んだ本で、もっとも価値ある本」と評価している。今、世界中に特許申請をした全く新しいビジネスモデル「VoiceLink™」「iCHIMOK™」を送り出した板倉氏の思考の秘密を話してもらった。

鈴木 今回は拙著の帯に推薦文をいただき、ありがとうございました。たしか、facebook内で私が「今度、本を出します」と告知したら、すぐに「よかったら推薦文を寄せますよ」とご連絡いただいたんですよね?

板倉 なかば押しかけ状態で書かせていただいて(笑)。というのも、僕、いつも鈴木さんのボイスリンクの「超ヒントの部屋」を聴かせて頂いていて、いつもいい話してるな、と思ってたんです。それで、著作が出ると聞いて、「この人が書いた本なら、絶対に価値があるはず」と確信して。あと、ちょうど僕もフレームの危険性を感じていた時だったんですね。要するに、世の中において、議題を最初に持ちだしてくる人って、都合の良いように議論を展開させるじゃないですか。にもかかわらず、それに気づいている人は少ないでしょう?

音声SNS「ボイスリンク」。

鈴木 そうですね。自分のフレームの中で議論を始めようとします。

板倉 僕はそれを“サファリパーク”って呼んでるんです。

鈴木 ほう?

板倉 つまり、サファリパークにいる動物って、おそらく自分が飼われていることに気づいていないんですよね。全部、管理されていることに、自分で気がついていない。世の中の多くの人もそうだと思うんですよ。例えば、昔よくなされた議論で、「会社は誰のものか?」というのがありますよね? そうやってお題を出されると、みんな、そこから考え始めます。そこで僕は、「ちょっと待てよ」と。「質問そのものがおかしくないか?」「そもそも会社は“もの”なのか?」と。

鈴木 なるほど。

『100の結果を引き寄せる1%アクション』


最小のアクションで最大のパフォーマンスを!

amazon_associate_logo.jpg