NEW
ビジネスマンを惑わす、自己啓発のウソ・ホント 第1回

「ポジティブ思考が成功を導く」はウソ! 重要なのは「潜在的思考=フレーム」を可視化すること

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 出版不況の最中、堅調な売り上げを続けているのがビジネスマンなどに向けた「自己啓発本」というジャンル。「成功するための秘訣」が収められた本を繰り返し読んでは、いつまでたっても成功しない自分に不甲斐なさを感じている人は少なくないはずだ。変わらない自分のどこに問題があるのか?

 そこで、自己啓発理論を研究しつくしたビジネス・プロデューサーの鈴木領一氏が「自己啓発」「能力開発」の本質をレクチャー。話題の最新刊『100の結果を引き寄せる1%アクション』のエッセンスを交えながら、「自分が求める成果を出すために、本当にやるべきこと」をお伝えする――。

 巷に溢れるいわゆる自己啓発本の多くが「ポジティブに考えれば成功する」と書かれています? それって本当でしょうか?
 
 結論を先に言わせていただくと、NOです。

 私はかつて120年の歴史があるアメリカの「SUCCESS」(サクセスマガジン)と共同で成功者を研究し、その思考方法をまとめあげた教育プログラムを開発しました。

 その際に、3万人におよぶ取材データを検証した結果、ポジティブ思考だから成功する、という単純な図式ではないことを発見しました。失敗した人の中にもポジティブ思考の持ち主が多くいたのです。

 私自身、ポジティブ思考が成功の近道だと思っていましたので、その結果にはとても驚きました。しかし、さらに研究を続けることで、さらに思考の深層にある“何か”が結果を左右していることに気づきました。

 次の事例から解説しましょう。

 急成長していた会社が失速しはじめ、その会社の経営者が私のもとにコーチングの相談に来られました。この方は非常にポジティブで前向きな性格の方で、情熱溢れる話し方で社員を鼓舞していました。しかし、突然業績が落ち始めてストレスを抱えるようになり、自分も何が原因か分からない、ということでした。

 私はこの経営者の深層にある「フレーム」(潜在的で無自覚な思考システム)を探る質問をしてみると、意外な事実が分かったのです。実はこの経営者、今のビジネスが大嫌いだったのです。

 会社の創業時にはとりあえず食べるために何でもやったそうですが、その中の一つが偶然当たり、あれよあれよと成長していきました。勢いに乗って社員も増やし、東京都内に本社を構えるほど順調に成功していました。社長の持ち前の明るい性格も手伝って、社内にも勢いが満ちていました。

 しかし、競合が増え、価格競争が激しくなり、業績が落ち始めると、途端に社長はストレスを抱え始め、毎日出社することさえ辛くなっていたのです。なぜなら、本来自分がやりたかったことではなく、食うためにしかたなく始めたビジネスだったからです。

 当の本人さえ、私に出会うまでその事実に気づいていませんでした。いや、正確に言うと、自分で自分をごまかしていたと言ってもいいでしょう。仕事が順調だったため、「これが自分の天職なんだ」と言い聞かせていたのです。そして見えないストレスをずっと抱えていました。

 ポジティブ思考云々以前に、自分の潜在的思考=「フレーム」が最後には自分の行動や思考を決定付けるのです。ポジティブ思考とフレームがぶつかる時、フレームが優位になります。だから、ポジティブ思考をしていても、うまくいかないことが起こるわけです。

●自分の中の「フレーム」を自覚できるのか?

 ここで「フレーム」について詳しく解説しましょう。「フレーム」とは簡単にいえば潜在意識下にある普段は自覚できない思考習慣のことです。もともとは認知科学や人工知能研究で使用されている用語で、マサチューセッツ工科大学人工知能研究所創設者マービン・ミンスキー博士が提唱したものです。「フレーム」をメンタルコントロールに使えるように私はメソッド化しました。

『100の結果を引き寄せる1%アクション』


最小のアクションで最大のパフォーマンスを!

amazon_associate_logo.jpg