NEW

セコム、過去最高益・高利益率の秘訣は“よくわからない会社”と、複雑な儲かる仕組み

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図1:セコムの「ALL SECOM」。同社資料をもとに筆者が編集(禁複製使用)。
 企業収益の回復が著しい。8月9日に発表のピークを迎えた2013年4~6月期連結決算でも、自動車や電機など円安の恩恵を受けた輸出型企業の復調が目立った。一方、海外売上比率がまだ4%強であるにもかかわらず、「過去最高」を記録した企業がある。それは今年7月7日に創業51周年を迎えたセコムだ。


 同社は、売上高で15%増の1906億円、営業利益も19%増の277億円と増収増益を達成。そして、純利益は前年同期比25%増の190億円と、4~6月期としては過去最高を記録した。

 細かく見ていくと、まず主力のセキュリティ事業で高機能な警備サービスの売上高が前年同期比で10倍に伸びた。企業向けだけでなく家庭向けの情報データを預かる機能が付いた警備も伸長。医療サービス事業は38%の増収。情報通信事業は12年10月に買収した東京電力傘下のデータセンター会社の寄与で2.8倍に伸びた。

 4~6月期の純利益は通期予想(前期比4%増の661億円)の3割弱に達しており、7~9月期の業績が順調に進めば、通期業績を上方修正する可能性もある。同社は、高機能なサービスを海外に展開する戦略で、海外売上高比率を10%にする計画を進めているが、15年末までに7.5%を実現する考えだ。その一環として、同社は今年7月にオーストリア国防省から国防施設16カ所のセキュリティ対策を受注した。

 セコムが注目されているのは、好調な自動車各社も及ばない利益率の高さである。ちなみに、絶好調とマスコミからもてはやされているトヨタ自動車の売上高営業利益率(4~6月期)が10.6%であるのに対して、セコムは14.5%もある。

 では、現在のセコムとはどういう会社なのか。ほとんどの人は「警備会社でしょ」と答えるだろう。だが、実態はそれほどシンプルではない。同社は日本初の警備会社として誕生し、今や、同業界ダントツ首位の座を占める。しかし他にも、警備保障会社からセキュリティをコア事業に据え、防災、メディカル(医療)、保険、地理情報サービス、情報通信(ICT)、不動産など社会が求めている事業を相次いで起こし「社会システム産業」という新しい業態を築いているのだ。セキュリティ【註1】、防災【註2】、地理情報サービス【註3】などの事業は、国内のみならず海外19カ国で展開している。

 この業容拡大を創業者(現・最高顧問)の飯田亮氏は「多角化」とは呼んでいない。「意思は違うが一緒になってやっているので“国連の多国籍軍”のようなものだ」と表現する。その後、M&Aを含めて断行した「非連続的イノベーション(discontinuous innovation)」こそ、セコムの真骨頂といえよう。非連続に拡大しているうちに「よくわからない会社」になった。

●グループ企業は“自律”のステージへ

 同社は「多国籍軍」の連携をより強化しようとしている。10年11月から「ALL SECOM」をスタートした。それまでは、セキュリティ事業をコア事業とし、そこに、防災、医療、保険、地理情報、情報通信、不動産、などの各事業がぶら下がっていた。それが図1の図右である。それに対し、“ALL SECOM”は同図左のように、各事業がコア事業であるセキュリティとの関係性を重視しながらも、ベターな結果を生む可能性が高ければ、「伝統的ビジネスシステム」に縛られることなく自由闊達に隣接事業と手を組んでも良いという概念である。戦略的意思決定は、セコムの経営陣とグループ企業のトップが集まるグループ経営会議で行われている。グループ企業は自立を遂げ自律する段階を迎え、さらにセコムグループ全体への貢献度がより重視されるステージに入った。

 例えば、保険と医療が自由に手を組むことができるなど、グループ内の経営資源を無駄なくより俊敏に活用できるようにした。イノベーションは、経営資源の結合により生まれると論じたシュンペーターではないが、大所高所から見ていれば見逃がしがちな、相性の良い小さな経営資源を組み合わせることにより生まれるものもある。グループ企業社長や従業員だからこそ気づく「現場の実践知」が、セコムの経営に柔軟性を与えることだろう。さらに、これらが結合することにより、全社的なイノベーションが創造される。

 一言で「…屋」とはいえない、一見、何で儲けているのかわからない。これこそ、セコムの競争力といっても過言ではない。「なんでもやるのではなく、なんでもできる。あまり有形のものには手を出さないが、なんだって包含してしまう。だから『セコム』という訳のわからない社名にした」(飯田氏)という。飯田氏自身、「セキュリティ屋と言うわけにはいかない。現場の人に今進めている仕事の話を聞いて『いいね』と言って喜んでいるが、私にもわからないことはいっぱいある」と話しているほどだ。

●艶っぽい企業、色っぽい企業を目指す

 今も社員を前にして飯田氏は、セコムの目指す形について常々こう話している。

「下駄屋、味噌屋になっちゃだめだ」
「艶っぽい企業、色っぽい企業にならなくては」

 決して、下駄屋、味噌屋を見下しているわけではない。飯田自身、江戸時代から続く老舗(酒問屋・岡永)に生まれ、父から商人道を叩き込まれた。老舗の存在に敬意を払っている。今も江戸商人の血が騒ぐ。この言葉の心は、競争の手の内を見えないものにするか、見えても一朝一夕には真似られない複雑な儲かる仕組みを構築しなくてはならない、ということだ。飯田氏の言葉を借りれば、「艶っぽい」会社にするのが理想である。