NEW

養護施設は『明日ママ』よりもっと悲惨だった…体罰、性的虐待の実態を出身者が告白

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『明日、ママがいない』公式サイト(「日本テレビ HP」より)
 今クール(1~3月期)の連続テレビドラマで、児童養護施設で親と離れて暮らす子供たちを描く『明日、ママがいない』(日本テレビ系)をめぐり、赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を設置している慈恵病院(熊本市)が「児童養護施設の子供たちへの差別を助長する」との理由で、同局に放送中止を要請。さらに全国児童養護施設協議会も同様の抗議文を同局に送付し人権への配慮を求めるなどして波紋を呼んでいたが、2月5日には日本テレビが同協議会側に文書で謝罪していたことが明らかとなった。


 同協議会によると、日本テレビはドラマを見た施設の子供が自傷行為に及んだことについて「子供たちにおわびする」と謝罪するとともに、施設で暮らす子供を傷つけないよう配慮する意向や、施設の現状について取材不足であったとの認識を表したという。その一方、日本テレビは「改めてドラマを最後までご覧になっていただきたい」と放送を継続する意向を示し、5日夜も予定通り第4話を放送した。

 一連の騒動の発端は、同ドラマの第1話(1月15日)が放送された翌日16日、前出の慈恵病院が開いた記者会見だった。第1話内では、赤ちゃんポストに預けられたという設定の子役に「ポスト」というあだ名がつけられたり、施設長が「お前たちはペットショップの犬と同じだ」という言葉を子役たちに浴びせたり、子役たちを平手打ちにするなどのシーンも見られた。これを受け慈恵病院の蓮田健・産婦人科部長は会見で「施設の現状を知る視聴者は少ない。フィクションと言っても誤解されかねない」「同じ立場の子供が聞いたらどれだけ傷つくか」などと、日本テレビに同ドラマの放送中止と謝罪を求めたことがきっかけとなり、同ドラマが施設に対する偏見を与えかねないとの批判がさまざまな方面から日本テレビに寄せられる事態となっている。

 そんな中、実際に3~18歳までを東京都内の養護施設で過ごした経験を持つ元・埼玉県新座市議の立川明日香氏は、本日(2月7日)発売の「フライデー」(講談社/2月21日号)内で「私の養護施設での体験は、ドラマよりもっと悲惨でした」と告白している。

 立川氏によれば、養護施設では早朝5時半の起床や部屋の掃除から夜9時の就寝まで、分単位のスケジュールや細かい禁止事項が決められており、これらを破ると「耳鳴りがしばらく止まないほど何回もビンタされ」(立川氏)たり、段ボール箱の中で一晩中正座させられたという。また、背中に「私はバカです」と書かれた紙を貼られ、姿勢を正すために服の中にホウキや洗濯板を入れられたこともあったと明かしている。

 さらに、2~3歳年下で立川氏と仲の良かった女の子は、小学校高学年から中学を卒業するまでの間、20代の男性職員に宿直の部屋やトイレに連れ込まれ性的虐待を受けていたとも証言している。立川氏によれば「その子は自分が穢れた存在だと思い込み、お風呂では血がにじむほど身体を洗っていました」と当時の様子を告白し、彼女は中学卒業後に就職して施設を出たが、複数回にわたり自殺未遂を繰り返し、現在では精神科の病院に通院しているという。