NEW

田舎で働いて年収1億円の起業家が語る、「都会で暮らしても幸せになれない3つの理由」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『まだ、都会で貧乏やってるの?』著:吉角裕一朗/学研マーケティング

 夏まっさかりの時期に、満員電車で通勤するというだけでもウンザリ。それに加えて労働時間が長かったり、その割には給料が安かったりで、「もう都会暮らしは嫌だ!」と考えているのは筆者だけではないはずです。

 『まだ、都会で貧乏やってるの?』(学研マーケティング/刊)の著者、吉角裕一朗さんは、故郷の熊本で起業。豊かな自然に囲まれて仕事をし、地元のおいしい食べ物を食べ、たっぷり休みも取りながらも年収1億円という、何ともうらやましい生活を送っています。

 本書で吉角さんは、田舎暮らしの良さと、田舎でお金を稼ぐためのポイントをつづっているのですが、それを読むと、都会で安月給とストレスに耐えて暮らすより、思い切って田舎に移り住む方が幸せになれるような気がしてきます。

 その理由はこんなところにあるようです。

■都会で働いても「平凡な人」にしかなれない


 日本中から優秀な人、才能溢れる人が集まってくる都会で働いていると、ほとんどの人はそういった人の中に埋もれて、「その他大勢」にしかなることができません。ただ、それでも都会で一流の人や一流のものを見続けてきたことで、「都会的なセンス」は自然に身についているはずです。

 このセンスは田舎にはない貴重なもの。都会では周囲に埋もれていた「平凡な人」も、都会で得たセンスを発揮すれば、田舎では目立つ存在になれるのです。

 吉角さんいわく「都会の1000番より、田舎の1番になろう」。

 平凡な仕事をして平凡な毎日を送るのに飽き飽きしている人は、田舎で働くことで「一味違う人」「デキる人」を目指してみてはいかがでしょうか。

■ビジネスチャンスをつかめない


 また、あらゆるビジネスが乱立し、ごった返しているのが都会ですから、ビジネスになりそうなアイデアが思い浮かんでも、調べてみるとすでに先駆者がいたり、競合がひしめいていたりと、チャンスをつかむのは容易ではありません。

 その点、田舎はのんびりしたものです。どの土地にも、そこにしかない「特性」が必ずあるものですが、住んでいる人は案外その特性に気がつかないため、手つかずになっていることも珍しくありません。

 都会で暮らしていたことで「外部の目」を持っている人なら、「おいしい水」「珍しい農作物」「そこにしかいない生き物」など、「都会の人」に珍しがられるその土地の長所を、比較的簡単に見つけることができるはず。

 それをいかにお金に換えるかということを考えれば立派なビジネスになるのですが、都会にいる限り、こんなビジネスチャンスにも気づくことができません。