NEW

話し方次第で、印象が嫌われやすい人に共通する“言葉の使い方”2パターン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『嫌われないコツ』(植西聰/著、ディスカヴァー・トゥエンティワン/刊)

 人の悩みごとの多くは人間関係が原因だ。では、人間関係がうまくいく人と苦手な人は何が違うのか。大きな要因の一つは話し方にある。

 うまくいっている人は、話し方が上手だ。話し方次第で、相手に嫌われずに自分の希望を通すことも、相手からの信頼を勝ちとることもできる。『嫌われないコツ』(植西聰/著、ディスカヴァー・トゥエンティワン/刊)は、その嫌われないコツを紹介する一冊だ。

 例えば、「断る」という行為は嫌われるのではないか、と考えてしまうもの。相手の気分を害さないよう、失礼のないように断るにはどうしたらいいのだろうか。

■お互い不愉快に? あまり使わない方がいい言葉


 言葉には聞いた時に心が明るくなるポジティブなものと、聞いただけで気分が落ち込むネガティブなものがある。

「ムリです」「できません」「ダメです」「困ります」「結構です」

 といったような断るための言い方は、ネガティブな言葉といえる。断る時に気が重く感じたり、人から断られた時に気分が落ち込んだりするのは、これらのネガティブな言葉が使われるから、というのが大きな理由の1つになる。なので、断る時もポジティブな言葉を使えば、お互い不愉快な思いをしなくて済むということだ。

 例えば、「ありがとうございます。私にはもったいないお話ですが、他にもっとふさわしい方がいるのではないかと思います」というように、肯定的なイメージの強い言葉を選んで使うと、断る時にお互い感じるネガティブな印象が最小限で済む。

■ハッキリとしない言葉を使うと、いい加減だと思われるかも…?


 何かにつけてハッキリしない人は、人間関係がうまくいかない。「考えておきます」と言ったまま回答しなかったり、「別にかまわないけど」と適当な返事をしたまま、いつまでたっても具体的に動かなかったりする人が、その典型だ。あいまいな返事をするということは、本心では断りたいと思っていることが多い。

 しかし、気まずくなるのがイヤだし、相手に悪い気がするので、ハッキリと断らず、あいまいな返事を選んでしまう。言われたほうは、ハッキリしない相手に対し、「いい加減な人」とマイナスの印象を抱くもの。黙っていても相手が察してくれるということはない。言葉に出して伝える以外方法はないのだ。そして、その時はポジティブな言葉を選ぶことも忘れてはいけない。