NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

『絶歌』と版元の太田出版は、ただの外道である いまだに悲劇の主人公ぶる幼稚な酒鬼薔薇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『絶歌』(太田出版/元少年A著)
【今回取り上げる書籍】
絶歌』(太田出版/元少年A著)

 1997年に発生した「神戸児童連続殺傷事件」の加害者である「酒鬼薔薇聖斗」こと「元少年A」による書だ。もともと幻冬舎から出版される予定だったが、「週刊新潮」(新潮社)がそれをスッパ抜いたため、幻冬舎社内で出版化に関して議論が発生し、結局頓挫。「よりゲスい出版社」を求めるべく太田出版から出たということである。

 内容については「出来損ないの村上春樹ワナビーが殺人者を主人公にしたら」といったものだ。東京保護観察所の監察官3人組を「ゴクウ」「ハッカイ」「サゴジョウ」とあだ名をつける点や以下のような記述に、そのワナビーさがうかがえる。

「僕はもともと食べることに興味がなかった。もし食事の代わりにガソリンでも飲んで動けるのなら、僕は間違いなくもう二度と“食べる”という行為には従じないだろう。冗談に聞こえるかもしれないが至って本気だ。それほど僕には、“食べる”という行為が煩わしいったらない。うまく言えないが、僕が“食事をしている”というよりも、僕が“食事という行為に食べられている”という気がするからだ」

 以上。これ以上、内容については詳しくは述べない。いろいろと書評やメディアで感想は登場しているのでそちらを参考にしてください。今回は「書評」の体を取るこの連載で極個人的な話を長々とさせていただく非礼を許していただきたい。しかしながら、私はこれを言わない限りは、この本が流通している2015年の日本に絶望するしかないのだ。本当に、こんな本が出ているこの世の中にいることさえ嫌悪感をもよおし、自殺したくなるほどである。今、モノカキの仕事をしているが、急激にこの仕事もやめたくなり、読み終わった後、同業者に電話をかけて精神を落ち着かせた。

 版元である太田出版と担当編集者である同社の落合美砂氏が、同書の意義と正当性についてはいろいろと語っている。それは読んだ。まぁ、そう言うしかねぇよな、ということは理解できる。ここではオレの体験と落合氏との個人的な接触について語ろう。

『完全自殺マニュアル』


 その前に落合氏が編集し、太田出版から発刊されたミリオンセラー『完全自殺マニュアル』(鶴見済著)の同社HPに掲載された紹介文を見てみよう。

「世紀末を生きる僕たちが最後に頼れるのは、生命保険会社でも、破綻している年金制度でもない。その気になればいつでも死ねるという安心感だ! 自殺の方法を克明に記し、さまざまな議論を呼んだ、聖書より役に立つ、言葉による自殺装置。」

 なるほどね。まぁ、キツいこの人生、自殺をよりラクにできるのであれば、最後のセーフティネットにはなるよね、自殺っていう選択肢があるのを知れ、さらに、ラクに死ねる方法が首吊り自殺であることがわかって本当にうれしいです! 私は救われました! 本当にこの本があるお陰で、私の人生は選択肢が増え、幸せに生きられます! この本に出会え、私の人生、開けました! ありがとうございます! 鶴見さん、落合さん、太田出版さん、ありがとうございます!

 なんて言うと思うか、バカ野郎。