NEW
重信初江「サッとつくれる一工夫レシピ」

チーズ羽根つきパリパリ餃子の簡単レシピ!ジューシー仕上げの秘訣はこれだ!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中華料理の人気メニューといえば、餃子です。今回は、旬のズッキーニを使ったチーズの羽根つき餃子のつくり方を紹介します。スナック感覚で食べられる1品なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【材料(24個分)】

・ズッキーニ…小さめのものを1本
・塩…小さじ1/3
・合い挽き肉…250グラム
・ピザ用チーズ…30グラム(生地に混ぜる用)、100グラム(羽根用)
・調味料A(水、白ワイン各大さじ2、塩小さじ1/4、おろしにんにく、粗挽き黒胡椒各小さじ1/3)
・餃子の皮…24枚

【つくり方】

(1)ズッキーニは放射状に6~8等分してから薄切りにし、塩と一緒にビニール袋に入れて軽くもみ、水気が出るまで15分ほど置く。


(2)合い挽き肉と調味料Aをボールに入れて、よく混ぜる。色が白っぽくなり、水分がなくなって、ある程度まとまりになるまで。


(3)粗く刻んだチーズ(30グラム)を(1)に入れて、さらに混ぜる。


(4)(3)を餃子の皮に等分に包み、ラップを敷いたバットに並べる。焼かない分は、個別に保存袋に入れて冷凍保存すると、1カ月はもつ。食べる際は、凍ったまま並べて焼き、生の状態より1~2分長めに焼くとよい。


(5)フライパンに、チーズ(50グラム)を薄く広げる。その上に、餃子を放射状に12個並べ、熱湯1/2カップ(材料外)を回しかけて蓋をする。3~4分、中火で水気がほぼなくなるまで蒸し焼きにする。


(6)蓋を外し、チーズが焦げやすいので弱火にする。チーズがカリッとするまで、さらに2分ほど焼く。


(7)途中で油がにじみ出てくるので、料理用のペーパーなどで押さえておくと、安全にお皿に移すことができる。上下をひっくり返して盛りつければ、チーズの羽根がパリパリのまま食べられます。