NEW

クックパッド、みにくい泥沼内紛…株価暴落、問題先送りで対立解消されず

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「クックパッド HP」より

 料理レシピサイト運営のクックパッドで内紛は高い代償を払い、ひとまず休戦状態に入ったかのように見える。だが、まだ予断を許さない。

 事の顛末はこうだ。創業者の佐野陽光取締役が、3月に開催される株主総会で穐田誉輝社長を含む取締役全員(但し、佐野氏自身は除く)の交代を求める株主提案を行った。

 クックパッドは、料理レシピを投稿・閲覧できるサイトを運営している。レシピ数は219万、有料会員は180万人、月間利用者数は5500万人を超える日本最大のレシピサイトである。創業者で発行済み株式の43.62%を握る筆頭株主の佐野氏と、14.78%を保有する第2位の株主の穐田氏が激突する経営権の争奪戦に発展した。

 2月5日、「佐野氏の株主提案を会社側の取締役選任案と一本化することで合意した」とクックパッドは発表した。創業者の意向を反映した選任案をまとめ、この人事を3月の株主総会で決議するという。

 ただ、これは問題の先送りにすぎない。内紛の原因となった経営方針の違いを、どうやって克服するのかといった問題の方向性は、まったく示されていない。

 内紛が明らかになってから、2週間余りの間に株価は3割以上下落した。この間に時価総額は800億円近く目減りした。2月5日には一時、107円安の1372円まで下げ、昨年来安値を更新した。この日、クックパッドは2015年12月期の連結決算を発表。業績の好調ぶりをアピールするとともに、取締役選任案を一本化することで収束を図る方針を打ち出した。つまるところ、これは株価対策の弥縫策(びほうさく=一時しのぎ)だ。創業者と現経営陣の路線の対立はまったく解消されていない。妥協案が示されたのが決算発表当日であることが、それを物語っている。

 決まっているのは経営陣を選ぶ指名委員会で佐野氏の提案を踏まえ、株主総会に諮る取締役の選任議案を決めるということだけで、新しい体制も経営方針も決まっていない。
 

ベンチャー起業家とエンジェルの関係

 佐野氏と穐田氏は、ベンチャー起業家とエンジェル(創業間もないベンチャー企業に投資する個人投資家)の間柄である。

 慶應義塾大学環境情報学部を卒業した佐野氏は、1997年10月にクックパッドの前身であるコインを設立した。インターネット上で料理レシピを投稿・検索できる新しいビジネスだった。会社をつくった当時は、インターネット関連のニュービジネスが一斉に立ち上がった揺籃期だった。

 だが、クックパッドは創業以来8年間、営業赤字が続いた。そこに穐田氏がエンジェルとして登場した。