NEW

鼠先輩、月収1千万の芸能人から事業家転身していた!AV男優疑惑と裏営業を激白

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鼠先輩
 2008年にCD『六本木~GIROPPON~』で芸能界デビューした鼠先輩。その後、一度は“引退”を宣言するも、現在は東京・新宿の飲食店「新宿ネズミーランド」に勤務しながら、今でも鼠先輩として活動を続けている。デビューと同時に大ブレイクしメディアから引っ張りだことなるが、やがて姿を消す――。ありがちな一発屋芸人のストーリーかもしれないが、鼠先輩は「もともと芸能界に夢なんて抱いてなかった」と語る。


 鼠先輩はデビュー当初から芸能プロダクション・芸映に所属。かつては西城秀樹や岩崎宏美を輩出し、その後も広末涼子、きゃりーぱみゅぱみゅ(業務提携)と、時代ごとにスターを生み出している古参プロダクションだが、同社からも退社していたという。

 今回はそんな鼠先輩に、大手芸能事務所所属の一発屋から、浮き沈みを経てフリーランスへと転身した芸能人生を、事業家目線で語ってもらった。

「芸映を退社したのは今年に入ってからだけど、すでに業務提携というかたちを取っていて。ブレイク中はそれこそ寝る間もない日々を送っていたけど、今ではあれもやってこれもやって、店までやってるくらいだから、全売上のなかから芸映に取り分をもらうかたちは取っていなかった。ま、あちらも手を焼いていたでしょうね」(鼠先輩、以下同)

 以前バラエティ番組では「最高月収1200万」と豪語していた鼠先輩だが、当時はどのような状況だったのだろうか。

「あの頃はいくらカネを積んでもできない経験をしたな。スケジュールが本当にぎっしりで、子どもが生まれたばかりなのに家に帰るのは1週間に一度、汚れた服と洗濯した服を交換するくらい。睡眠時間も移動中の仮眠ばかりだった。『逃走中』(フジテレビ系)の収録を朝までやって、そのままラジオの収録と取材を数件こなした後、『笑っていいとも!』(同)本番まで2時間空いたから、その間にソープで汗を流して……みたいな感じだったね」

ショクナイ


 栄華を極めた鼠先輩の芸能人生だったが、その期間はほんの3カ月ほどで終わってしまったという。そして現在のスタイルを確立したきっかけには、裏営業、通称「ショクナイ(内職)」の存在があったようだ。