NEW

地上の楽園…阿佐ケ谷の奇跡のおひとりさま専用喫茶店 極上かつ静謐な時間を堪能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「結構人ミルクホール 阿佐ヶ谷住宅」の外観
 先日、東京・杉並区の南阿佐ケ谷に「結構人ミルクホール 阿佐ヶ谷住宅」という、一風変わった喫茶店がオープンした。店名は昔ながらの純喫茶といった感じだが、扉の張り紙を見ると、「複数人での来店NG」という注意書きがある。そう、ここは「おひとりさま」専用の喫茶店なのだ。


 確かに、2009年のドラマ『おひとりさま』(TBS系)をきっかけに「おひとりさま」という言葉が広まって以降、1人専用カラオケ、1人専用焼き肉、さらには1人専用しゃぶしゃぶなど、さまざまなおひとりさまサービスが登場している。

 しかし、おひとりさま専用喫茶店とは珍しい。いったい、どんなところで、どんな人たちが利用しているのか。実際に店を訪れてみた。

爆睡する女性のおひとりさま


「結構人」は、東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ケ谷駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街にある。古民家風の外観で、入り口にある木製の牛乳箱が目印だ。

 店の外観は、カフェというより喫茶店。いや、木製の牛乳箱があるレトロな入り口は、むしろ古びた民家といった感じだ。

 店内に入ると、1人がけの椅子が7つあり、2つはすでに先客が座っている。内装も古民家を思わせ、奥には本棚が置かれている。どこに座ろうか困惑していると、店主が現れて「お好きな席へどうぞ」と案内された。

店内の様子
 メニューはコーヒーと2種類のチーズケーキ、カフェオレ、ココア、ガトーショコラ。コーヒーはハンドドリップで淹れたてを提供してくれる。また、1品につき1時間滞在OKというルールになっている。つまり、コーヒーとチーズケーキを頼めば、最大2時間いられるわけだ。

 先客の女性2人を観察すると、1人は勉強、もう1人は寝ている。店内はBGMが流れていないため、家にいるかのようにリラックスできるのかもしれない。

 ペルー産の豆を使ったコーヒーは香ばしくて味わい深く、自家製チーズケーキによく合う。最初こそ落ち着かなかったが、慣れてくると、確かに1人で過ごすのにはぴったりの静かな空間といえるかもしれない。

コーヒーとチーズケーキ

実は12年前にオープン、千駄木から移転


 とはいえ、なぜおひとりさま専用なのだろうか。店主の山本晋氏に聞くと、「最初から、おひとりさま専用というわけではなかったんです。お店をやっているうちに、段々とそういうふうになっていきました」と語る。

「結構人」がオープンしたのは12年前。もともとは東京・文京区の千駄木にあったが、店が入っていた建物が取り壊されることになったため、南阿佐ケ谷に移転してきたのだという。