NEW

リニア新幹線、「絶対にペイしない」(JR東海社長)のに税金3兆円投入を安倍首相が決断…異例優遇の事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
磁気浮上式リニア(「Wikipedia」より/Saruno Hirobano)

 5月26日、27日の両日、三重県志摩市で先進国首脳会議「伊勢志摩サミット」が開催された。サミット議長を務め終えた安倍晋三首相は、海上自衛隊のヘリコプター、航空自衛隊のC1輸送機、陸上自衛隊のヘリを乗り継いで広島市の平和記念館に到着。そこで米国のバラク・オバマ大統領を出迎えた。オバマ大統領は原爆資料館を視察し、原爆慰霊碑に献花。核廃絶に向けた演説を行い、坪井直広島県原爆被害者団体協議会理事長らと短い対話をした。ちなみに、原爆ドームは対岸から眺めただけだった。

 晴れの舞台での大役を果した安倍首相を真っ先に出迎えたのは、東海旅客鉄道(JR東海)の葛西敬之名誉会長だった。5月27日付「首相動静」(時事ドットコム)によると、「午後7時17分、のぞみ60号でJR広島駅発。9時31分、JR名古屋駅着。JR東海の葛西敬之名誉会長、柘植康英社長出迎え」とある。

 伊勢志摩サミットを前にした5月10日付「首相動静」(同)も興味深い。首相官邸で、午後3時53分から斎木昭隆事務次官 (当時)ら外務省の幹部らを集めて会議。伊勢志摩サミットとオバマ大統領の広島訪問の受け入れ体制について報告を受けた。目にとまったのは次のくだりである。

「午後6時26分、官邸発。同31分、東京・赤坂の日本料理店『浅田』着。葛西敬之JR東海名誉会長らと会食。北村(滋)内閣情報官同席。午後8時26分、同所発」

 安倍首相と葛西氏は、日本版CIA長官である内閣情報官の同席のもと、何を話し合ったのか。北村氏は警察庁外事情報部長から内閣情報官に転じた。情報収集活動を統括するポストにある。分秒刻みでスケジュールが決まっている首相の日程としては、2時間の会食は長い。安倍首相と、首相のブレーンである葛西氏との蜜月ぶりを「首相動静」が改めて浮き彫りにした。

リニア中央新幹線などに、官民合わせて30兆円の資金を投下

 国会が閉会した6月1日の記者会見で、安倍首相はリニア中央新幹線の名古屋から大阪間の延伸を従来の2045年から8年間前倒し、財政面で支援すると表明した。

 これを受けて自民党は6月3日、参議院選挙に向けた公約を発表した。日本銀行のマイナス金利を活用して、官民合わせて5年で30兆円の資金をリニア中央新幹線の大阪への延伸前倒しや整備新幹線に充てるとする内容だった。

 参院選に勝利した安倍政権は、8月初旬に発表する経済対策にリニア中央新幹線の建設の前倒しを盛り込む。国が低金利で貸し付ける「財政投融資」の仕組みを使い、JR東海に融資する。具体的内容は8月末までに国土交通省やJR東海が協議して決めるが、融資規模は3兆円、返済期間は40年を軸に調整している。