NEW

「ランチ難民」を解決&野菜たっぷりの画期的ストック食品!貴重な昼休みを有効活用

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジッコの「ベスタデリ」シリーズ
 近年、「ランチをひとりで食べたい」という若手ビジネスパーソンが増えている。同僚たちと外に食べに出ても、どこも混んでいるし、席が空いても同じテーブルになるかどうかはわからない。


 コンビニエンスストアに弁当やパンを買いに行く人も多いが、ランチタイムはレジが混雑して行列になることもある。いずれにしても、貴重な昼休みを無駄にしてしまいかねない。

 食品メーカーのフジッコが今年1月に行った「ビジネスパーソンのランチに関する調査」(インターネットで400人が回答)によれば、「ランチタイムには食べるだけではなく自分の好きなことをしたい」との回答が76.8%もあった。

 昼休みに読書や英会話のリスニングをしている人は昔からいたし、趣味でジョギングをしている人もいた。今は昼寝を推奨している会社も増えており、昼休みはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に費やしたいという若手も多いだろう。

 パーソナルな昼の時間をさまざまなことに活用することを、最近は「昼活」と呼ぶが、フジッコはそうした昼活を応援すべく、2月から「ストック型ランチプロジェクト」を開始した。

「ストック型ランチ」とは、ランチ用の食品をオフィスにストック(買い置き)しておくという考え方だ。置き薬のように、グラタンなど1食で完結するチルド(冷蔵)惣菜を社内にストックし、社員が食べた分だけ料金を支払う「置き弁」サービスである。

 同社は、冷蔵で47日間保存できるグラタンやラザニアなどの洋風総菜「ベスタデリ」シリーズ(税込409円)を、期間限定で約30社に無料配布したところ、参加企業の募集の時点で「予想外に反響が大きかった」(同社ブランドマネージャー・入道知生<にゅうどう・ともいく>氏)という。

約8割が「ランチで健康面に気を配る」


「オフィスに置いておく」ということであれば、カップ麺や従来の冷凍食品もあるが、ベスタデリは何が違うのか。入道氏は、味の違いを強調する。

「野菜には、本来の食感を残したまま冷凍することができなかったものがあります。あまり知られていませんが、実はじゃがいもがそのひとつ。ベスタデリでは、スウェーデンの新しい加熱調理殺菌システム『スチームバルブ製法』を採用し、野菜や肉などの素材の風味をそのまま長持ちさせることに成功しました。そのおいしさが電子レンジに入れて3分で味わえますから、昼活したいビジネスパーソンにもぴったりです」(同)

フジッコの入道知生氏