NEW

アパホテルに、南京大虐殺否定本の「間違った内容」を問い合わせたら回答拒否された

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アパホテル(撮影=編集部)

 大手ホテルチェーン、アパホテルをめぐるインターネット上の炎上が、いまだに続いている。

 アパホテルなどを統括するアパグループの元谷外志雄代表が、藤誠志の名で出した著作『理論 近現代史学2【正式表記はローマ字】 本当の日本の歴史』がアパホテル客室に置かれており、そこに南京大虐殺を否定する内容が書かれていると15日、中国のSNS「微博」に投稿された。これがきっかけとなり、アパホテルは批判にさらされ、一時期、アパホテルのサイトはアクセスが殺到したためか、つながらない状態が続いた。

 アパホテルは、「異なる立場の方から批判されたことを以って、書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」と、今後も書籍を客室に置くことを表明した。これに対して24日、中国の国家旅遊局は、国内の旅行業者や宿泊予約サイトに対し、アパホテルの利用中止、広告の撤去を要求したことを明らかにした。

 また、アパホテルがHPに掲載した見解には「末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています」との記述もある。

 そこで筆者は1月20日、誤りであるのではないかと思える部分について指摘し、回答を求める文書を、元谷代表宛てに送付した。

 すると1月24日、アパグループの代表室秘書課より、以下のような返答が来た。

「この度は、『理論 近現代史学2』の記載内容の件でお手紙をいただきましてありがとうございました。せっかくのご連絡でございましたが現時点での回答は控えさせていただきます。理由といたしましては、今回の報道を受けまして多数の取材や一般のお客さまからのお問合せが入っております。また、『南京大虐殺』についての『事実に基づく本書籍記載内容の誤りのご指摘』としてお電話いただきお送りいただくようお願い申し上げたつもりでございましたがいただきました内容は、ご質問は書籍全般についてのご質問であったためです」

アパホテルに、南京大虐殺否定本の「間違った内容」を問い合わせたら回答拒否されたのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、中国元谷芙美子アパホテル社長南京大虐殺の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!