NEW

疑惑の安倍昭恵首相夫人の実家、森永製菓と森永乳業の醜い確執…経営統合に失敗

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍昭恵氏(写真:ロイター/アフロ)

 森永製菓森永乳業の経営統合する方針と伝わり、両社の株価は急騰した。森永製菓は3月30日に過去10年来の高値となる5440円をつけ、統合の情報が流れてから株価は15%近く上昇した。同日の終値は5300円である。一方、森永乳業も3月30日に10年来高値の995円となり30%暴騰した。終値は976円だった。海外展開や研究開発の強化が期待されて買われた。

 しかし3月30日、両社は「経営統合に向けた検討を終了する」と発表した。生産や物流部門での合理化で両社の溝は埋まらず、計画は1カ月余りで白紙に戻った。

 これまでの経営交渉の流れを見てみよう。

 両社は2月24日、「経営統合に限らず、さまざまな可能性について検討している」とのコメントを発表した。2018年4月をめどに、持ち株会社方式で経営統合する案を中心に、統合比率などは今後つめるとした。持ち株会社の会長には森永乳業の宮原道夫社長、社長は森永製菓の新井徹社長が就く方向で調整していると報じられたが、関係筋によるとトップ人事に関しても思惑の違いがあったという。

 両社とも業績は好調で、純利益は過去最高を更新する。森永製菓の17年3月期の連結業績は、売上高が前期比6%増の1920億円、営業利益が44%増の165億円、純利益は42%増の115億円の見込み。ゼリー飲料が好調で、カカオの含有量が多いチョコレート「カレ・ド・シヨコラ」がよく売れた。

 森永乳業の17年3月期の売上高は前期比1%減の5930億円だが、営業利益は43%増の205億円、純利益は14%増の120億円の見通し。高濃度ヨーグルト「パルテノ」が伸びた。

 森永製菓は製菓4位、森永乳業は乳業2位で、統合すれば新会社の連結売上高は7850億円、営業利益は370億円の規模になる見込みだった。

 皮肉なことだが、業績が好調なことが、「身を削って経営統合しなければならない」という意識が薄れる原因ともなった。

 ライバルである、明治製菓と明治乳業が統合した明治ホールディングス(HD)は、17年3月期の連結売上高は前期比2%増の1兆2510億円、営業利益は9%増の845億円の見込み。高機能ヨーグルト「R-1」が大ヒットした。

 時価総額(3月30日終値時点)は、森永製菓が2872億円、森永乳業が2430億円。合算すると5302億円だが、明治HDは1兆4291億円で、2.7倍の大差がついている。

疑惑の安倍昭恵首相夫人の実家、森永製菓と森永乳業の醜い確執…経営統合に失敗のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、昭恵夫人森永乳業森永製菓の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!