NEW

客を強制降機のユナイテッド航空、成田発機内で残虐な日本人大量殺戮映像を放映

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見を行うデイビッド・ダオ氏の娘(写真:ロイター/アフロ)

 米ユナイテッド航空の“炎上”は、ついに同社の株価にまで波及した。

 4月9日、シカゴ・オヘア空港を離陸する直前のユナイテッド航空機内で撮影された客室の映像が、世界中に拡散された。問題が起こったのは、シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きのユナイテッド航空3411便。満席だったが離陸直前、社員4人を搭乗させる必要に迫られる。ユナイテッド側は宿泊先を用意し、日本円で数万円を支払うとの条件で振替希望者を募ったが、誰も応じなかった。

 そこでユナイテッドは「コンピューターがランダムに選んだ」乗客4人に降機を要請。3人は応じたが、中国・ベトナム系とされる男性医師デイビッド・ダオ氏が拒否する。同社はシカゴ警察に通報。機内に乗り込んだ警察官が説得するが、ダオ氏は「私は医師で、明日の8時に仕事がある」と再度拒否。最終的に警察官は“強制排除”に踏み切るのだが、これが一大騒動を巻き起こす。

 周囲の乗客は警察官に対し「やり過ぎだ」「信じられない」と抗議したほか、スマートフォン(スマホ)などで一部始終を撮影しSNSなどにアップ。映像があまりにもショッキングだったため、瞬く間に世界中に知れ渡った。ちなみにこの警察官は、停職処分が科せられたという。

 対応に問題があったのは、同便のクルーや現地の担当者だけではない。オスカー・ムニョスCEO(最高経営責任者)自らがさらに問題を引き起こし、「燃料投下」してしまったのだ。

 ムニョスCEOは10日に発表した声明で謝罪を表明したのだが、その後に従業員向けのメッセージでダオ氏を「破壊的」で「けんか腰」だったと非難していたことが明らかになる。

 SNS上ではダオ氏が理路整然と降機拒否する映像も公開されたこともあり、さらにユナイテッドへの批判が高まる。結局、ムニョスCEOは11日、2回目の謝罪に追い込まれてしまう。

レギンス事件


 ユナイテッドといえば、3月26日にもレギンスをはいた少女が搭乗を拒否されたことが問題視されたばかりだ。これも現場となったデンバー国際空港で、同社職員の対応に疑問を感じた乗客らがスマホなどで撮影し、SNSで拡散、炎上した。

 ユナイテッド側は、社内ルールに基づく処置であった旨を弁解したが、「ユナイテッドは、いつから女性の服を取り締まるようになったのだ」などと、アメリカ世論の反発を招いたのだ。

 結果、11日に親会社ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスの株価は71ドル台から68ドル台に暴落。最終的には70ドル台まで持ち直したが、ニューズウィーク誌の報道などによれば、一時は10億ドル以上の資産が吹っ飛んだ計算になったという。

客を強制降機のユナイテッド航空、成田発機内で残虐な日本人大量殺戮映像を放映のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、SNSユナイテッド航空硫黄島の戦いの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!