NEW
高橋潤一郎「電機業界の深層から学ぶビジネス戦略」

なぜか急速に経営悪化企業リスト…パチンコ業界は総崩れ、タカタは債務超過寸前

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タカタ・高田重久会長兼社長(写真:ロイター/アフロ)

 電子情報技術産業協会(JEITA)の集計によれば、民生用電子機器の2016年度国内出荷は6年ぶりの前年比プラスとなった。スマートフォン(携帯電話)やパソコンも堅調で、日本半導体製造装置協会(SEAJ)の集計でも半導体製造装置、FPD製造装置販売は好調な動きを示す。

 個別企業においては、17年3月期の上場企業決算発表が続く。こちらも概ね好調であり、なかでも自動車やスマホ向けに半導体など電子部品や自動車部品加工メーカーなどは活況で、従来予想を最終的に上回って業績を着地させるところが少なくない。

 しかし、それでも例外はあり、この時期でもさらに業績を悪化させている企業は少なからずある。それは個別企業の事情を背景とした例外的な傾向なのか、それとも取り巻く環境のなかに普遍的な悪化の材料が実は隠れているのか、いくつかの業績悪化企業を採り上げ、考察したい。

自動車エアバッグのタカタ


 エアバッグの大手、タカタの17年3月期業績は3期連続の最終赤字で、最終損失は795億8,800万円となった。16年3月期の赤字は130億7,500万円だったから、損失幅は6倍に広がる。財務面も悪化しており、16年3月期に27.5%だった自己資本比率は、ついに7.0%にまで低下した。純資産は331億円にまで低下しており、今期の決算内容によっては債務超過転落の可能性も否定できない。

 いうまでもなくタカタの躓(つまず)きは、エアバッグの大量リコール(回収・無償修理)である。かつては磐石とも思える企業業績だったが、安全性という根幹的なリスクが顕在化すると、これまでに積み上げてきた信用は一気にあっけなく失われる。東京電力も同様のケースだが、安全性という観点では「何が起こるかわからない」という危機意識が必要となる。

 ちなみに本稿執筆時点では、タカタの再建をめぐって複数のスポンサー候補などの名前が挙がっているが、取引先などが求める法的申請による経営再建手法をタカタの経営陣および創業家は拒否しており、難航している。

パチンコ・パチスロ機のフィールズ


 フィールズはパチンコ、パチスロ機など遊技機の販売大手で、販売だけでなく自身で企画、開発も手がける。パチンコ・パチスロ市場は、スマホゲームの台頭などを背景に市場の停滞感が強く、フィールズの17年3月期は124億8300万円の最終欠損となった。フィールズとしては、実に09年3月期以来8年ぶりの欠損転落である。

なぜか急速に経営悪化企業リスト…パチンコ業界は総崩れ、タカタは債務超過寸前のページです。ビジネスジャーナルは、連載、タカタパチンコ・パチスロ機フィールズの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!