NEW

企業役員報酬ランキング10を公開…トップ3はソニーが独占、最高額は11億円超

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーの平井一夫代表執行役社長兼CEO(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
 6月20日、東京商工リサーチは『2017年3月期決算 上場企業「役員報酬1億円以上開示企業」調査』【※1】を発表した(以下、数字は6月20日17時時点)。


 それによると、役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示を行った上場企業は23社で、その人数は53人。2017年3月期決算の有価証券報告書は149社が提出しており、23社はそのうち15.4%にあたる。

 1億円以上の役員報酬を受け取った53人のうち、16年3月期決算と17年3月期決算で連続して個別開示された役員は35人(66%)、新たに開示された役員は18人だった。

 最高額は、ソニーのマイケル・リントン執行役EVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)の11億3600万円。次いで、同社の平井一夫代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)の9億5500万円、同社の吉田憲一郎代表執行役副社長兼CFO(最高財務責任者)の4億3400万円が続く。

 4位以下は東京エレクトロンの河合利樹代表取締役社長が4億3100万円、同社の常石哲男代表取締役会長が3億3900万円と続く。トップ10をソニーと東京エレクトロンの2社が占める構図だ。

 ソニーの報酬1億円以上の役員の開示人数は、16年3月期の3人から10人と大きく増加している。個別の開示人数では、このソニーの10人が最多。次いで東京エレクトロン(9人)、バンダイナムコホールディングス(7人)が続く。この3社を含め、複数人の開示を行った企業は10社だ。

 ちなみに、ソフトバンクグループの株主招集通知にて、ニケシュ・アローラ前副社長の17年3月期の報酬額が103億4600万円と公表されたが、有価証券報告書が確認されていないため、現時点ではランキングに含まれていないという。

トップ10はソニーと東京エレクトロンが独占


※以下、東京商工リサーチ『2017年3月期決算 上場企業「役員報酬1億円以上開示企業」調査』より

【2017年3月期 役員報酬額ランキング】(左から、順位、氏名、商号、報酬総額<百万円>)

1/マイケル・リントン/ソニー/1,136
2/平井一夫/ソニー/955
3/吉田憲一郎/ソニー/434
4/河合利樹/東京エレクトロン/431
5/常石哲男/東京エレクトロン/339
6/アンドリュー・ハウス/ソニー/331
7/佐々木貞夫/東京エレクトロン/328
8/堀哲朗/東京エレクトロン/326
9/東哲郎/東京エレクトロン/323
10/鈴木智行/ソニー/247

企業役員報酬ランキング10を公開…トップ3はソニーが独占、最高額は11億円超のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ソニー上場企業役員報酬東京エレクトロンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!