NEW

ライザップ、海外進出拡大&東証一部へ意欲…「米国進出は失敗ではなく、意志を持った撤退」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIZAPグループ本社が入居する新宿フロントタワー(「Wikipedia」より/Mountainlife)

 数々の著名人を“コミット”させて話題を呼んでいるテレビCM、アパレルや出版といったフィットネスの枠を超えた精力的なM&A(企業の合併・買収)などで注目度を高めているRIZAP(ライザップ)グループ。だが、子会社の前社長のインサイダー取引疑惑で揺れ動くなど、好材料ばかりではない。そんななか6月24日午前10時から、株主総会がハイアットリージェンシー東京で開かれた。

 株主数4万1827名のうち出席者は1万3588名(議決権行使書郵送分含む、開会時点)。代表取締役社長・瀬戸健氏の挨拶から始まり、自身が議長を務めることを告げると、グループ会社を含めた今期の事業報告が行われた。

 売上収益・営業利益・営業利益率・税引前利益・当期純利益・親会社の所有者に帰属する当期利益からなる6項目すべての指標において、過去最高を記録するという好調ぶりをアピール。その後、前年同期と比較した際の利益率の伸びに話題が切り替わった。

「前期は、M&Aでグループ入りした企業の赤字分を含めても、営業利益ベースで51億円の増加を達成しました」

 このような大幅な増収の裏には、RIZAP GOLFの急成長と、グループ子会社の経営再建があると説明。ボディメイク事業とは別事業のRIZAP GOLFは、プロゴルファーの石川遼とCM契約を結ぶなど、今期の営業利益が前期に比べ7億1000万円改善する見通しだ。

 続いて、上場子会社の成長ハイライトについては、決定的なコスト削減、その企業が本来より持っている強み、商品力強化、マーケティング強化などが奏功したと説明した。

 そして、さらなる成長に向けても瀬戸氏は意欲を覗かせた。

「時代とともにニーズは変わります。RIZAPのスタートはダイエットを目的とした豆乳クッキーです。自分たちで価値を創造し、お客様や社会に認めてもらう。これが第一のポリシーです」

 今後はリピート顧客育成、満足度の向上、シニア向け事業、コラボレーション商品の強化をしていくとの説明もあった。

ライザップ、海外進出拡大&東証一部へ意欲…「米国進出は失敗ではなく、意志を持った撤退」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ライザップ瀬戸健の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!