NEW

米国中央銀行、極めて異例の行動へ…保有資産の削減計画公表、景気回復終焉の兆候か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャネット・イエレンFRB議長(撮影:AP/アフロ)

 FRB(米連邦準備制度理事会)が、バランスシートに計上してきた資産の縮小を進めようとしている。6月13日、14日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で、0.25ポイントの利上げに加え保、有資産の削減開始から1年間のバランスシート縮小のペースが公表された。それに基づくと、開始から1年後には、一月当たり500億ドルのペースで資産が削減される予定だ。

 主要国の中央銀行が、明確な数値を示して先々の金融政策の内容を具体的に示したケースは稀有といえる。ある意味、FRBは急いでバランスシートの縮小を進めようとしているようにも読み取れる。

 それでも、6月14日以降、世界の金融市場には大きな変化が現れていない。5月のFOMC議事要旨でバランスシート縮小開始を“年後半”とする記述が修正された。これを受けて、大方の投資家にとって、今回のFOMCの内容は想定の範囲内だったのかもしれない。

 ただ問題は、足許の市場の落ち着きが続くか否かだ。先行きを考えたとき、不安材料となりうる要因は散見される。米国の景気回復のペースが徐々に鈍化しつつある可能性も高まっていると考えられる。多くの投資家が先行きを楽観していると考えられるだけに、米国の金融政策がどのように運営されていくかは注意深く考える必要がある。

FRBがバランスシート縮小方針を示した理由

 
 今回のFOMCで最も重要なポイントは、FRBがバランスシートの縮小に関する踏み込んだ方針を示したことだ。記者会見の場でイエレン議長は、バランスシートの縮小は比較的早期に着手する可能性があると述べた。そうすることで、FRBは金融市場や景気の過熱を防ごうとしている。

 FRBは、足許のインフレの低下は一時的なものとしており、おおむね景気は緩やかな回復ペースを維持していると判断している。特に、FRBは労働市場の改善を評価している。雇用の増加が続けば、徐々に賃金も増加すると考えられる。賃金が増えれば、家計の可処分所得も増加するだろう。このようにして雇用の改善が消費を増加させ、物価は目標とする2%の水準にまで緩やかに上昇するというのがFRBの見通しだ。

米国中央銀行、極めて異例の行動へ…保有資産の削減計画公表、景気回復終焉の兆候かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、FRBイエレン議長トランプ政権の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!